お知らせ・ニュース

お知らせ・ニュース

店舗の業務用天井埋め込みエアコンについて

業務用天井埋め込みエアコン
業務用エアコンは大きく分けて3種類になります。
①天井埋め込み型で下から見て正方形のタイプ
②天井埋め込み型で下から見て長方形のタイプ
③天井に埋まってなく、飛び出している吊り下げタイプ
これはどのエアコンが良い悪いではなく、建物に対して、エアコンの設置場所が限られるため、端の方に付ける場合は吊り下げタイプ、真ん中に付けられる場合は正方形タイプになります。
業務用エアコンは、一般的な壁掛エアコンと違い、洗浄するまでに、部品を1つずつ分解していき、部品を取り外すために、何本もの配線やコネクターを抜く必要があります。
もちろん洗浄後組み立てなくてはならないので、どの部品がどこに付き、どの配線がどこに刺さるかを全て画像に納めてる作業も必要です。
そうして30分くらいかけて分解が終わると、次は本体をビニールで養生して高圧洗浄に入ります。
業務用は大きい為、洗浄する熱交換器(アルミフィン)の範囲も広く、汚れ具合によりますが、洗浄だけで40分~90分ほどかかります。
本体の洗浄が終わると次は、分解した部品を外かどこかで洗います。
その後、組み立てて完了です。

業務用エアコンは、家庭用の壁掛エアコンなどと違い、故障して買い換えると、かなりの出費になります・・・
高額なんです!!
故障の1番の原因は、ホコリや汚れなんですね。

エアコンは部屋中の空気を吸い込んで、吸い込んだ空気に熱を付け、また部屋中に吐き出すのですが、内部がホコリやカビで詰まると、部屋中の空気を吸い込む力が低下します。
そうすると当然のことながら、吐き出す力も低下します・・・

例えば室内温度設定を26度にした場合、エアコンは、どれだけ詰まっていても、どれだけ吸い込みと吐き出しの力が低下していても、必死で26度にしようとフル回転で運転し続けるんです。
そんなことを続けていたら、モーターや基盤などの消耗が激しくなり結果故障に繋がります。

業務用エアコンをクリーニングで長持ちさせると、長い目で見て、大幅なコストダウンになります。
またクリーニングで内部の詰まりが無くなれば、熱効率が良くなり節電効果もあります。

そのような理由から、業務用のエアコンクリーニングの需要が多いんですね。

今年も多くの業務用エアコンを洗浄して、皆様のお役に立てるよう頑張ります!

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-21-4048
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-21-4048

受付時間:8:00~22:00

LINE
お見積もり