お役たち情報

お役立ち情報

見落としていませんか?エアコンのフィルターは電気代に影響する

 

1.エアコンのフィルターの意味

エアコンは様々な部品の集合体であり、そのどれかに不具合があった場合には非常に分かりやすく異常が表れます。異臭や異音、加えて能力の低下など五感で感じられるレベルでエアコン本体に変化が表れますが、もし、そのような段階で異変を感じた場合には早急にエアコンの内部をクリーニングする必要があります。

 

また、フィルターと本体に蓄積されたゴミや塵はエアコンの能力を下げると共に、正常な稼働を阻害するために消費電力が上がります。その為、ここでは電気代とエアコンのフィルターの関係性について考えてみましょう。

 

2.電気代が上がるということ

エアコンの電気代が上がるということは、エアコンの消費電力が上がっているということになります。もちろん、室外と室内に温度差があればあるほど消費電力はあがるので、夏や冬の電気代は高額になりがちです。
しかし、消費電力があがるということはエアコンの内部に問題が生じていることにも関係しています。エアコンの内部やフィルターで、ゴミやほこりが蓄積されるとカビが発生しやすくなることに加え、正常な稼働が難しくなるため消費電力があがります。消費電力が上がるという状態は、通常よりもエアコンに負荷がかかっているので、基盤がショートしやすくなり、最悪は買い変えるしかないというデメリットも存在します。

 

また、エアコンの消費電力に対する問題のほとんどはクリーニングを行うことで解決することができます。クリーニングの手法は高圧洗浄機を使用し、内部の汚れを落とし、フィルターまで洗浄するため電気代を余計に消費するゴミやほこりなどの有害物質を一掃することができます。その為、消費電力の高さでお悩みの方は、エアコンを最新の多機能のものに買い換えることでも改善はしますが、エアコンのクリーニングを行ってから買い換えを検討しましょう。

 

 

3.エコのために出来ること

消費電力を上げないように意識しながらエアコンを使用する方法は、お掃除機能をしっかりと使うことと定期的にエアコンの内部を目で確認することです。お掃除機能は時間も長く、人によっては強制的に電源を落とし中断させてしまいますが、その方法ではエコにもならず、中途半端な掃除のため内部の環境にも逆効果となってしまいます。

 

その為、エアコンの消費電力を上げずに使用するためには、お掃除機能の上手く利用することから始めましょう。そして、定期的な確認をしつつ必要に応じて、クリーニングを行えばエアコンをクリーンな状態のまま使用し続けることが出来ます。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-21-4048
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-21-4048

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり