お役たち情報

お役立ち情報

実は季節は関係ない。エアコンでカビが増殖する仕組み

 

1.エアコンの内部

エアコンは季節に関係なく常に湿気や水と隣り合わせです。特に、室外と室内の気温差が激しい季節ではエアコンの内部でも気温差があり、水が発生しやすいため夏や冬はドレンホースなどの排水管の故障などに気付きやすい季節でもあります。また、エアコンの使用頻度が多ければ多いほど、エアコンはほこりやちりを蓄積していくため、定期的な清掃が必ず必要とされています。

 

ちなみに、室内の環境は出来る限りクリーンな方がエアコンの汚れは蓄積しにくいですが、例え室内をどれほど綺麗に保ったとしてもエアコンは空気中のほこりやちりを吸い込むので最終的には人の手によりクリーニングを行わけばなりません。これらの知識をふまえて、ここではエアコンの内部でカビが増殖した際のデメリットをメインに見ていきましょう。

 

2.カビの増殖が引き起こすもの

エアコン内部でカビが増殖するのは、エアコン内部の湿気が原因です。この湿気は、室内と室外の温度差と同じく、温度差が激しいほど発生し、エアコン内部で湿気が溜まり続けることによりカビが発生するようになります。その為、エアコンは稼働し続ける限り、常にカビの原因と戦っていると言えるでしょう。また、カビの対策としてお掃除機能や空気清浄機能を保有する機器が開発されており、特にお掃除機能を正しく使用した場合は、掃除から乾燥まで行うのでカビの原因となり得るものを発生させにくくします。

 

これに対して、シンプルな機能のみのエアコンでは、エアコン本体の乾燥機能もない為、カビの発生は最低でも季節ごとのチェックを行う必要があります。
エアコンの内部に溜まる汚れは、カビの増殖を促します。その為、汚れが内部に溜まっている状態は危険な状態です。また、エアコン内部で発生するカビは、肺炎を引き起こすなど人体にかなりの悪影響を与え、家族でエアコンを使用している場合は家族全体の健康を脅かすレベルのリスクがあります。

 

 

3.カビは一掃できる

エアコン内部で発生するカビはとても危険性の高いものですが、クリーニングで一掃することができます。しかし、シンプルな機能のエアコンでもお掃除機能付きのエアコンでも間違った知識で汚れに手を加えてしまうと事態を悪化させることにも繋がり、最悪製品を買い替えることにもなります。

 

その為、汚れがどうしても気になり目で見て黒い斑点のようなものが視認できる場合は早急にエアコンクリーニングの専門業者に依頼することをお勧めします。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-21-4048
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-21-4048

受付時間:8:00~22:00

LINE
お見積もり