お役たち情報

お役立ち情報

気付いていますか?エアコンのファンが回らない原因

 

1.エアコンは本体と室外機に分かれている

エアコンは、室内にある本体と室外機に分かれています。通常通りの使用であれば、まず室外機に着目する方はほぼいないでしょう。あまりにも寒い場合は、室内の空気を室外機に送る霜取りという機能もありますが、それ以外では室外機は目立つことはありません。しかし、エアコンの不調は本体のみでなく室外機の故障でも起き得るものであり、室外機の故障であれば、素人では治せません。

 

また、本体でも室外機でもどちらにもファンは存在しており、どちらも回らないという症状をサインとして示すことがあります。その為、ここではエアコンのファンが回らない場合の対処方について、焦点を当てていきます。

 

2.ファンが回らないということ

エアコンのファンが回らない原因は主に、室外機の故障かエアコン本体の内部でカビが繁殖するほど汚れている場合の2つです。室外機の故障は、非常にわかりやすく見ただけでファンが回っていないことを確認できます。そのような場合は、クリーニングでも治る場合は少なく修理に出さなければ改善しないしません。室外機から異音などが聞こえた場合や或いは今までの動きとは違う挙動をした場合は、エアコンの本体も連動して能力が限りなく下がる為、早急に修理の依頼をしましょう。

 

また、エアコン本体でちりやほこりが蓄積し、果てはカビが繁殖している場合にファンが回らなくなることがあります。これは、故障ではなく、フイルターの目詰まりと同じ汚れによる機能低下であり、汚れを一掃することで改善する場合が多いです。もし、クリーニングを行っても改善しない場合は、基盤がおかしいか製品の寿命、或いは、モーターと連動する部分の経年劣化の疑いがありますが、どれも修理を行おうとすると費用的に安価ではないのでまずはクリーニングを行ってから判断するといいでしょう。

 

 

3.故障とクリーニング

エアコンは室外機と本体に分かれており、どちらも不調があった場合はわかりやすく異音や異臭などのサインを示します。また、目で視認できるほどの能力低下も起こりますが、それがクリーニングで治るものなのか、故障で修理に出さなければならないものか判別はとても難しいものとなっています。

 

室外機であれば、殆どの場合は修理が必要ですが、エアコンの本体であればファンが回らない状態を含め、クリーニングで改善することも少なくありません。その為、ファンが回らない状態では限りなくエアコンの能力が下がっていると認識し、早めにクリーニングを行いましょう。

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-21-4048
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-21-4048

受付時間:8:00~22:00

LINE
お見積もり