お役たち情報

お役立ち情報

エアコン掃除のやり方を知ろう

 

1.エアコンの汚れはどこに溜まるのか

エアコンは家電製品の中でも、特に汚れやすい製品です。室内の空気を吸い込み、それをまた室内に戻す為、空気中のほこりやちりを吸い込むことが多い為ですが、エアコンの内部に蓄積される汚れを放置しているとエアコン本体と人体に悪影響を与え始めます。また、エアコンの汚れが最も溜まりやすいのは、室内の空気を取り込む際の通り道であるフィルター部分です。

 

フィルターに関して言えば、最短で2週間で1回はその状態を確認することがベストだとされています。ちなみに、お掃除機能付きのエアコンでも目による視認はとても大切であり、使用後のケアもしっかり行わないとカビは繁殖します。これらのことを踏まえてここでは、エアコンの掃除のやり方を知識として考えていきましょう。

 

2.クリーニングはよく考える

エアコンのクリーニングは、的確に行うことが出来れば、エアコン内部のカビや汚れを一掃することができます。中でもフィルターは、取り外しが可能であれば誰かに依頼せずとも、取り外し、掃除機などで表面の大きなゴミを吸い出し、その後クエン酸か酸素系漂白剤に付け置きすることでほぼすべての汚れを落とすことができます。また、クリーニングを業者に依頼した際には、フィルターの清掃は無料で行う業者も多いです。

 

エアコンの本体の清掃の手順ですが、周りを養生後、パネルを分解し、専用の洗剤で本体を洗い、水で流し乾燥させるという手順であり、言葉だけならそこまで難しく感じないかもしれません。しかし、シンプルな機能のエアコンでも水をかける部分を間違えば、製品ごと買い替える必要がありますし、お掃除機能付きのエアコンは、分解から清掃、組立の知識がない限り同じような手順でクリーニングを行っても稼働しないこともあり得ます。その為、手順を理解した上で、自分の知識に自信がある場合のみ自分でクリーニングを行うようにしましょう。

 

 

3.自分の技術でどうにかならない場合

エアコンのクリーニングでの判断基準はとても簡単です。それは「症状の原因とエアコンの内部構造を完全に理解し、水を当ててはいけない部分がわかるかどうか」に尽きます。もし、少しでも不安な部分がある場合は手順を理解しつつクリーニングのプロに依頼する事を強くお勧めします。

 

また、サイトなどで大々的に紹介されているものであれば、料金体系やサービス内容などもしっかりとしたものが多いので、その都度確認をとり大丈夫だと判断した場合に依頼を行いましょう。

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-21-4048
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-21-4048

受付時間:8:00~22:00

LINE
お見積もり