エアコンが臭い!という経験がある方は多いのではないでしょうか。
今やエアコンは夏や冬を快適に過ごすための生活必需品となっています。
エアコンクリーニング専門の“エアコンクリーニングプロ”がそんなエアコンの臭いの原因と対策方法についてご紹介していきます。

 

エアコンの臭いの原因

エアコンの臭いの原因はいろいろありますが、おもな原因はエアコン内部に発生したカビと言われています。
冷房運転時のエアコンは、室内の暖かい空気を吸って冷たい空気を吐き出しています。
エアコンは内部に汚れがたまったり、冷房運転時は結露ができたりしやすく、湿度が高い環境はカビにとって繁殖しやすい環境にあります。
カビは臭いだけではなく、カビによる『気管支喘息』や『アレルギー性気管支肺アスペルギルス症』などの病気の原因となります。
そうなった場合は専門のエアコンクリーニングを行うなどの早急な対処が必要です。

 

エアコンの臭いの種類

エアコンの臭いはカビの臭い以外にも様々なものがあります。
お家のエアコンからは、どのようなニオイがしていますか?
よくあるエアコンの臭いは下記のようになります。

 

・カビの臭い
・タバコのヤニの臭い
・油臭い
・酸っぱい臭い

 

「ヤニの臭い」は部屋でタバコを吸う方がいる場合となるでしょう。
エアコンも人間同様タバコを吸い、タバコの臭いの風を吹き出しています。

 

「油臭い」はキッチンから出る食品や油の臭いを吸い込むことで発生します。

 

「酸っぱい臭い」は室内でトレーニングをされたりする方、ペットを飼っている方は感じたことがあるかもしれません。
人間の汗やペット独特な臭いが原因となっていることが多いです。

 

エアコンの臭いを取る応急処置

急な来客がある場合など、エアコンが臭いと非常に困りますよね。
そんな時に使えるエアコンの臭いを今すぐ消したいという場合の対処法をいくつかご紹介します。

 

1. お部屋の窓を全部開けて、エアコンを冷房で最低温度の16度で1時間つけっぱなしにする。
では、なぜ16度で冷房を運転すると臭いが取れるのでしょうか?
低い温度で冷房運転することで熱交換器やエアコン内部に付着しているにおい成分が結露水に溶け込み、1時間運転することでエアコンの室外機に運ばれて、室外機の配水管から排出され、臭いの元も洗い流されるからです。

 

2. また逆の方法で30度で1時間暖房運転させるという方法もあります。
エアコン内部のカビ菌は乾燥に弱く、高温で1時間運転することよって臭いの元が抑えられます。

 

3. フィルター掃除
フィルターの掃除はお客様ご自身でも簡単に行うことができます。
フィルターを取り外したら、目詰まりを防ぐため、表側からホコリを掃除機で吸い取ります。
あらかたホコリが取れたら、今度はフィルターの裏側から表側に向けて水を流してください。
フィルターを洗い終えたら、水をしっかり切って、しばらく陰干しにします。
濡れたままエアコンに装着すると新たなカビの原因や故障の原因にもなってしまうこともあるので、完全に乾燥させてから装着しましょう。

 

4. エアコン洗浄スプレー
ホームセンターやドラッグストアなどで売られています。
エアコン洗浄スプレーを使って掃除ができる場所はフィンとファンになります。
エアコン洗浄スプレーを使用する前にエアコンのカバーを開けて、薬剤や汚れが飛び散らないように周りを養生します。
フィルターを外し、スプレーをエアコンに直接吹きかけます。
しかしエアコン洗浄スプレーで完全に汚れを取るのは難しく、かえってカビが繁殖してしまうこともあるので、注意が必要です。
それでも臭いが取れない場合は?
上記でご紹介した応急処置によって臭いが全く取れない場合や、一時的に臭いが軽減したとしても、すぐにまた嫌な臭いが発生した場合は、カビを取り除くために、エアコン内部の掃除が必要となります。
ただ自力ですと、フィルターの掃除はできてもエアコン内部の掃除までは難しいでしょう。
エアコン掃除は気をつけて行わないと感電の恐れや、故障してしまう可能性がありますので、プロの掃除が必要となるでしょう。

 

エアコンのお掃除はエアコンクリーニングプロにお任せ

そんなエアコンの汚れや臭いでお悩みの方はエアコンクリーニング専門の“エアコンクリーニングプロ”にご相談ください。

 

“エアコンクリーニングプロ”なら
・日本全国どこでも対応可
・ご予算、ご要望に応じて柔軟にご対応
・故障の心配なし
・作業スピードが早い
・フィルター、カバーはもちろん内部まで徹底洗浄

 

クリーニング後の臭い対策

せっかくエアコンをきれいに掃除したら、その状態を長持ちさせたい!
そのための対策方法をご紹介します。

 

1. 冷房を切った後、送風運転をする
冷房を切った後に、送風運転をしておくとエアコン内部を乾燥させることができて、カビ予防になります。

 

2. こまめに部屋の換気する
エアコンは部屋の空気を吸い込むので、部屋の空気の臭いやホコリをエアコンに吸わせないように、小まめに換気しておくと効果的です。