お役たち情報

お役立ち情報

エアコンは定期的なクリーニングで効果抜群

エアコンクリーニング 効果

じめじめする梅雨の季節、室内で洗濯物を干すには、エアコンは強力な助っ人です。さて、ここで大事なのがエアコンのクリーニングです。エアコンから変な臭いがした時のあの嫌な感じ、思い当たりませんか?クリーニングをまめにするのとしないのとでは、電気代はもちろん、室内干しの効果はずいぶん違います。それに室内の空気を清潔に保つためには、1か月に1回、クリーニングがとても効果的です。

自動お掃除機能が無くても自分で出来る!

最近では、お掃除機能がついているエアコンもあり、とても便利ですが、そういう機能がついているのはお値段も少し高めですし、ある程度自分で掃除が必要です。たとえ自動お掃除機能がついてなくても大丈夫。エアコンは自分で手軽に掃除できます。まず、フィルターを外し掃除機でほこりを吸いましょう。時間があれば、フィルターを水洗いすると効果的です。そして、ルーバーやファンなどほこりやカビが発生しやすい箇所を丁寧に拭きましょう。狭い箇所は歯ブラシなどで磨くといいです。フィルターを掃除するだけでも、ずいぶんよくなります。よくホームセンターで洗浄剤を売っていますが、これを使う場合は説明書をよく読んで使って下さい。

ドレンホースのチェックはしてますか?!

ところで、ドレンホースのクリーニングはどうしていますか?特にドレンホースにごみがたまると、たまった水が逆流してしまうことがあります。以前、ホースにいつのまにか蜂が入り込み詰まってしまい、水が逆流したことがことがあります。まさかこんなところに蜂!?とびっくりしましたが、エアコンの周りに水滴がつき、なんか変だなと思ったら、ドレンホースをチェックしてみて下さい。ホースの中は、クリーニング屋さんにもらうハンガーを変形させて使うと便利です。

室外機もチェックが必要

室外機は外に置いてあるため、あまり注意してみることが少ないかもしれません。それに素人がさわってもいいのかと不安になりますが、ごみがたまってないか、時々確認しましょう。表側にファンがあり、その裏側にアルミ板の放射板があります。表側のファンが汚れると、回転が悪くなり故障の原因となります。また、裏側の放射板もごみなどがたまると、放熱ができなくなりこれも故障の原因となります。両方とも、歯ブラシなどで磨き、さっと水で洗い流しましょう。

まとめると

フィルターや本体は2か月に1回、室外機やホースは半年に1回と、定期的な掃除ができたら、エアコンの効果はグンと高くなります。じめじめした梅雨のあとには、暑い夏がきます。効果を最大限にするためにもこまめな掃除を気がけましょう。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり