『エアコンクリーニング』はプロに依頼する場合とご自身で行う場合があると思います。
フィルターの掃除などはご自身でも行うことができますが、内部のクリーニングまでは少し難しいかもしれません。
この記事ではエアコンクリーニング専門の“エアコンクリーニングプロ”がフィルターのお掃除と内部クリーニングの頻度の目安についてご紹介していきたいと思います。

 

エアコンのフィルター掃除の頻度は月2回

エアコンのフィルター掃除の頻度の目安は月2回が最適とされているようです。
フィルターは一番ホコリやカビなどがたまりやすくなっている場所です。
ホコリやカビが付着したまま運転していると、空気が汚れ、アレルギーなどの原因にもなってしまいます。
月2回と聞くと面倒に聞こえる方もいらっしゃると思いますが、フィルターはエアコンの中でも掃除しやすい場所となっています。
フィルターを取り外し、ホコリや汚れを掃除機で吸い取ります。
その後水洗いをしてきちんと乾燥させてから、取り付けましょう。
水洗いをしなくても、ホコリを掃除機でこまめに吸い取っておくだけでも、エアコンの状態をキレイに保つことができるでしょう。
エアコンの上やカバーのホコリを拭いたり、手が届く範囲のお掃除も行うと、なおよいでしょう。

 

エアコン内部のクリーニングの頻度は年1回

エアコン内部のクリーニングの最適な頻度は、お部屋の環境やご自身でどのくらいお手入れができているかなどで変わってくるため、あくまでも目安になりますが、年1回と書かせていただいております。
フィルターの掃除を一切していなかったり、毎日のように使用している場合や飲食店などは特にプロのクリーニングが必要になってくるでしょう。
使用頻度が低い場合などは数年に一度でも問題ありません。
使用頻度やお部屋の環境を考慮し、汚れや臭いなどのエアコンの状態を見て、ご依頼いただくのがよいでしょう。

 

自動お掃除機能付きのエアコンのクリーニングは必要?

電気屋さんなどで“自動お掃除機能”なんて便利な機能が付いているエアコンを目にしたことがないでしょうか?
皆さん『もうエアコンの掃除をしなくていいの?』と思うと思いますが、そんなことはないのです。
フィルターの掃除のみは自動でやってくれます。
自動お掃除機能付きのエアコンはフィルターのホコリをかきだし、ダストボックスにためるという仕組みになっております。
フィルターの掃除はする必要がありませんが、ダストボックスがたまったらお手入れは必要です。
しかしフィルターの掃除はできてもエアコン内部の掃除まではできません。
油断していたら中がカビだらけだったなんてこともあるようです。
こちらも使用環境によってはフィルターの汚れもチェックした方がよいでしょう。
また、自動お掃除機能付きエアコンは通常のタイプのエアコンに比べると分解が難しく、クリーニング費用も少し高くなっています。

 

エアコンクリーニングの頻度を保つメリット

エアコンのフィルターや内部クリーニングの頻度をご紹介しましたが、頻度を保っているとどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

・空気がキレイになり、健康被害が減る
エアコンが汚れていたり、カビが付着しているとアレルギーなどの健康被害を及ぼします。
フィルターや内部のクリーニングをするとエアコンから出る空気がキレイになり、健康被害の低下につながります。

 

・電気代の節約
ホコリや汚れによってフィルターや熱交換器などに余計な負荷がかかるため、電力の消費が増えます。
フィルターや内部のクリーニングを行うことによって、電気代の節約にもなります。

 

・エアコンの効率や風力がアップする
内部のクリーニングを徹底的に行うと、冷却能力や冷却効率がアップします。
フィルターにつまっているホコリやカビを取り除くと風力アップにもなります。

 

・エアコンの寿命やクリーニング頻度を延ばす
故障の原因にもなる汚れやカビを取り除くと、エアコンの寿命を延ばすことができます。
フィルターなどをキレイに保っておくことで、内部クリーニングの頻度も減らすことができます。
故障した際のエアコンの修理や本体の買い替え費用。
クリーニング頻度を減らし、クリーニング費用を減らすこともできるでしょう。

 

まとめ

エアコンクリーニングを行う頻度についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
おさらいになりますが、クリーニング頻度の目安はフィルターの掃除は月2回。
内部クリーニングは年1回。
あくまでも使用環境や使用頻度によっても異なりますので悩んだらまずはお気軽にご相談ください。
少し面倒とは思っていても、フィルター部分の掃除だけでも2週間に1回程度やっておくことをオススメいたします。
健康被害の低下や電気代の節約にもなります。
ご自身では難しいエアコン内部のクリーニングはぜひ“エアコンクリーニングプロ”にお任せください。