エアコンクリーニングを行わずに放置しているとどうなるでしょうか?
エアコンクリーニングを行わずに汚れを放置してしまうと、エアコン内部でカビが繁殖してしまい、カビ菌を吸い続けることで人体に影響を及ぼします。
エアコンクリーニング専門の“エアコンクリーニングプロ”が放置したエアコンによるリスクと掃除方法をご紹介していきます。

 

エアコンの汚れを放置することによって生じる人体への影響

冒頭でもご紹介しましたが、エアコンの汚れを放置してしまうと一番のデメリットは人体への影響です。
エアコンが原因で体調不良に悩まされている方は少なくないでしょう。
小さいお子様は大人と比べると免疫力が低いので、喘息や肺炎などの病気に苦しむリスクが非常に高くなります。
それでは症状にわけて見ていきましょう。

 

エアコンのカビによる病気やアレルギー症状

『気管支喘息』『咳喘息』
エアコンから出るホコリやカビは、気管支喘息や咳喘息発症させます。
“エアコン咳”とも呼ばれています。
咳喘息にかかると、1カ月以上も空咳が続き、場合によっては咳が1年以上も続くことがあります。
しかし、喘息のような喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難といった症状はありません。
また、発熱や痰などの症状はほとんど出ません。

 

『アレルギー性気管支肺アスペルギルス症』
疲労が溜まり、免疫力が落ちている人がカビを大量に吸いこむと、肺からカビが入って、肺にカビが生えてしまう“気管支肺アスペルギルス症”です。
その中で喘息をもっている方のみに発症する『アレルギー性気管支肺アスペルギルス症』を発症すると、喘鳴(ぜんめい)、湿った咳、息切れ、微熱といった症状が続きます。

 

『夏型過敏性肺炎』
通常の肺炎は細菌やウイルスが原因ですが『夏型過敏性肺炎』はエアコンに生息しているカビの一種“トリコスポロン”により引き起こされる病気です。
喘息に似た症状で、咳や発熱、さらに呼吸困難になる場合があります。

 

エアコンのカビ取りの掃除方法

エアコンのカビや汚れが人体へ影響を及ぼすとご説明しましたが、カビ取りの掃除方法を“エアコンクリーニングプロ”がご紹介します。
フィルターやカバー部分はお客様ご自身で簡単にお手入れすることもできます。

 

■フィルター掃除方法

フィルターを自分で掃除する場合、自宅にある掃除機を使うのがよいでしょう
1. エアコンの前面カバーを外して、フィルターを外します。
外したフィルターは、フィルターの表側を上にして床などに置きましょう。
2. 掃除機で表側から詰まった汚れを吸い取っていきます。
なぜ表側から汚れを吸い取るのかというと、裏側から吸うとホコリが目詰まりを起こしてしまうからです。
3. あらかた汚れが取れたら、フィルターの裏側から表側に向けてシャワーを当てます。
汚れがひどい場合はお風呂場でたわしやブラシを使ってこびりついた汚れを落としましょう。
4. フィルターを洗い終えたら、水をしっかり切って、しばらく陰干しにします。
濡れたままエアコンに装着すると新たなカビの原因や故障の原因にもなってしまうこともあるので、完全に乾燥させてから装着しましょう。

 

エアコンクリーニングプロの作業内容

カビや臭いを取り除くには内部洗浄が必要です。
自力だとフィルターやカバーの掃除は出来ても、内部の洗浄までは難しいでしょう。
特に放置してしまうと、汚れは落ちにくくなります。
市販のエアコン洗浄スプレーはおすすめできません。
“エアコンクリーニングプロ”なら経験豊富な作業員による、分解、高圧洗浄を行い、徹底的に内部洗浄致します。
“エアコンクリーニングプロ”の作業内容をご紹介していきます。

 

■作業工程

運転確認⇒分解⇒基盤養生⇒本体養生⇒高圧洗浄⇒部品洗い⇒ドレンホースチェック
⇒拭き上げ⇒防カビ抗菌コート⇒組立⇒運転確認⇒作業完了
といった流れになっています。

 

■分解

エアコンカバーやフィルターを外し、劣化部分やプラスティックの破損が無いかチェック、します。

 

■養生

機械部分や高圧洗浄中に汚れや洗剤が飛び散らないよう、エアコン専用の養生キットでしっかりと本体を養生します。

 

■高圧洗浄

熱交換器にオリジナルのエコ洗剤を散布し、プロ仕様の高圧洗浄機で洗浄していきます。
熱交換器が終わりましたらファンとその周辺の洗浄をします。

 

■部品洗い

お客様の浴室かベランダをお借りして薬品洗浄をしていきます。
汚れの付着状況によって高圧洗浄と手洗いを使い分け、隅々まで洗浄します。

 

■ドレンホースチェック

空き時間で室外に続いているドレンホースの詰まりがないかをチェックします。

 

■防カビ抗菌コート

清掃後に、オプションでカビや雑菌の繁殖を大幅に抑え、効果を持続させる防カビ抗菌コートを合わせてご利用されることをおすすめします!

 

■拭き上げ

洗い終わりましたら、組み立てる前に見える範囲の水分をクリーンパットで拭き取ります。
表面もピカピカに仕上げます。

 

まとめ

エアコンを掃除せず放置するとリスクがあり、要注意です。
エアコンがキレイになると、病気のリスクの低下や臭いの解消にもつながります。
電気代の節約にもなります。
ぜひエアコンの汚れや臭いでお悩みの方は“エアコンクリーニングプロ”にお任せください!!