お役たち情報

お役立ち情報

天カセタイプのエアコンのクリーニング方法

エアコンクリーニングプロ

エアコンクリーニングのタイミング

エアコンのクリーニングはシーズン前がおすすめです。

なぜシーズン前がおすすめなのかと言いますと、クリーニング後に、暖房運転で完全に乾燥できるのだからです。

エアコン休止中にクリーニングすることにより、エアコン本体の負担を防ぐこともできます。

エアコンを付けたときに生乾きのようなにおいを感じたことがある人は多いと思います。

吹き出し口にびっしり付いた黒い斑点を見てぎょっとされた方も多いと思います。実はあの嫌なニオイや黒い斑点は、内部で繁殖したカビや雑菌類なんです。

人間にとって快適な空間というものはカビやダニ、雑菌類にとっても居心地のいい場所であり、さらに繁殖もさかんになります。

知らず知らずのうちに、内部で増え続けたカビや雑菌類がエアコンを付けた瞬間に冷暖気とともに降り注いできます。

そんな冷気や暖気を吸い込んでしまっているのです。

そこで、クリーニング方法ですが、家庭用のエアコンだと何回か掃除をしたことがある人は多いとおもいます。

天カセタイプのものを掃除したことがある人は少ないと思います。

天カセタイプは、よく会社のオフィスなどにある天井に付いているタイプのものです。

天井カセットの略称。フィルター、吸い込み口、吹き出し口などが一体となり天井に埋め込められています。

2方向または4方向に吹き出すため、一般的な壁掛けタイプのものと比べて室内の温度にムラが出来にくくなります。

比較的に、会社など一つの空間で多数の人間がいるところによく使われています。

クリーニング方法は?

この天カセタイプのもののクリーニング方法ですが、まず必ず動力のブレーカーを落とします。

次にとめ具を押してフィルターパネルを開きます。

落下防止の紐が付いていると思うので、とめ具を外しましょう。

左右両方ついていると思うので両方外してフィルターパネルを外します。

次に、ルーパーの配線を外しましょう。

基盤の中に入っているケースもあるのでその場合は丁寧に基盤を傷つけないように外しましょう。

基盤のビスを外し蓋を取り外します。

ルーパーの配線を取り外せばパネルバンは取れます。

次にコネクターを外していくのですが外したあと分かりやすいように外した順番を書いたテープなどを外した場所に貼っておくといいでしょう。

次に、サーモを取り外します。

これで基盤からつながっているすべての配線が取れます。

基盤を取り外しファンのカバーを外したら、ドレンパンを外します。

ファンを取り外しモーターを取り外します。こ

れですべてのものが取り外せたと思うので薬品を散布し高圧洗浄をしていきます。

洗浄が終わったら取り外したものを付けていけばクリーニング終了です。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり