エアコンを使用していると臭いや汚れが気になってきますよね。
生活しているとエアコンにはカビやタバコ、ペット臭などの臭いがついてきます。
そこでプロのエアコンクリーニング業者に依頼したり、自分でフィルター掃除など行いますよね。
『エアコンクリーニング』というと室内にあるエアコン本体のお掃除がメインになります。
エアコンの室外機は基本的にはクリーニングを行わない前提としての作りになっているようです。
なので、室外機のクリーニングは行わなくても特にエアコンから出る空気などには問題はないようですが、室外機のクリーニングを行った方が良いメリットもあります。
この記事ではエアコンの室外機のクリーニングで得られる効果をご紹介していきたいと思います。

 

エアコンの室外機の役割とは?

エアコンは室内機と室外機の2つがセットとなっています。
室内機はエアコンの本体で、室外機はベランダや屋上に設置します。
室外機は部屋の中の熱を外に排出する重要な役割を担っています。
部屋の温度を下げるには室外機が欠かせない機器になっているとは知らない方も多いのではないでしょうか。
お部屋の『エアコンの効きが悪い』と感じたら、この室外機が原因かもしれません。
そんな時は室内機だけでなく、普段は気にしない室外機の状態も気にしてあげるようにしましょう。

 

エアコンの室外機をクリーニングすると得られる効果は?

それでは本題であるエアコンの室外機をクリーニングすると得られる効果をいくつかご紹介していきます。
まず室外機をキレイにすると、エアコンの効きが良くなると言われています。
なぜかと言いますと、室外機が汚れていると、排熱がスムーズにいかなくなり、エアコンの効率も悪くなります。
そして効率の悪化は電気代にも影響してきますので、室外機をキレイにしておくことは電気代の節約にもつながります。
室外機のフィンの目詰まりは故障の原因にもなったりするので注意しましょう。

 

室外機のクリーニングは何をすればいい?

室外機をクリーニングするといっても、どこをどうすればよいか分からないですよね。
室外機周り、室外機前面カバー部分、室外機裏側をキレイにするとよいでしょう。
まず室外機周りですが、置いているのがベランダや屋上になると思いますので、枯葉や砂ぼこりなどが室外機の周りに気づくと溜まっていたりしますよね。
臭いが気になって、ベランダにお部屋で出たゴミなどを置いていたり、ベランダでガーデニングなどをしていたりする方もいらっしゃるかと思います。
その際は室外機の近くにはものを置かないようにしましょう。
次に室外機前面はカバー部分に汚れやほこりなどがついてきますので、ブラシなどで取り除きましょう。
ハンディクリーナーなどを使用するのもオススメです。
そしてもう1箇所、室外機裏面のフィンと呼ばれる金属板の部分です。
こちらもブラシやハンディクリーナーなどでキレイにできます。
フィンの部分はアルミ製のため、力を入れ過ぎてフィンが曲がってしまったり、手を切って怪我をしてしまったりするので、注意が必要です。

 

エアコンの効率や節電効果を上げる方法

室外機をキレイにする以外にもエアコンの効率や節電効果を上げる方法があります。
それは室外機周りの温度を気にすることです。
室外機周りの温度を夏は涼しい方が冷房の効果を上げることができ、冬は暖かい方が暖房の効果を上げることができると言われています。
冷房を使用する際は室外機の周りにすだれを設置したり、専用のカバーで覆い、日差しや汚れから守ってあげるとよいでしょう。
暖房を使用する際は逆に室外機に日差しがあたるようにしてあげるとよいでしょう。

 

室外機クリーニングの注意点

室外機クリーニングをご自身で行う際は、まずエアコンの電源を切り、コンセントからも抜いておきましょう。
再度電源を入れて一定時間放置しないと感電する場合もありますので、気を付けましょう。
それから室外機を動かした際に配管などを外さないように注意しましょう。
ガス漏れなどの原因にもなります。
せっかくのお掃除でエアコンを故障させてしまっては意味がないですよね。
ご自身で行うのが心配な方はぜひ“エアコンクリーニングプロ”にご相談ください。

 

まとめ

室外機クリーニングを行った際の効果やメリットなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
室外機のクリーニングを行わなくても衛生面などでは特に問題ありません。
しかし室外機をキレイにするとエアコンの効率が上がったり、電気代の節約につながります。
クリーニングを行わないにしても、室外機本体を日陰にしてあげたりなどちょっとした工夫はしてあげるとよいかもしれません。
エアコンの臭いや汚れが気になりましたらお気軽にご相談ください。
家庭用エアコンも業務用エアコンも“エアコンクリーニングプロ”にお任せください。