お役たち情報

お役立ち情報

「除湿」と「冷房」電気代がお得なのはどっち?

「除湿」と「冷房」電気代がお得なのはどっち?

夏にエアコンを使用するときに、気になるのが電気代ですよね。
夏の電気代はなるべく低く抑えたいと誰もが思うことでしょう。

そこで今回は「除湿」と「冷房」それぞれ電気代がどれくらいかかるかについて紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

除湿とは?

除湿とは、部屋の中の温度を下げずに湿度を下げるための機能のことです。
除湿の機能には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類あります。

「弱冷房除湿」は湿度の高いジメジメした空気を取り込み、水分を集めるために温度を下げた空気を部屋に戻します。
これは弱い冷房と同じようなものなので、使用したときに肌寒く感じることもあります。

「再熱除湿」は湿度の高いジメジメした空気を取り込み、一度温度を下げた空気を再度温めて部屋に戻します。
そのため、室内気温をあまり下げずに除湿します。

冷房とは、部屋の中の温度を下げるための機能のことです。
温かい空気を取り込み、空気中の熱を取り除いて冷たくなった空気を部屋に戻すことで、熱のこもった部屋が涼しくなります。

温度を下げる力を比較すると、強い方から冷房 ≧ 弱冷房除湿 ≧ 再熱除湿の順番となります。

消費電力を比較すると

「除湿」と「冷房」電気代がお得なのはどっち?

「弱冷房除湿」「再熱除湿」「冷房」の消費電力を比較すると、弱冷房除湿 ≦ 冷房 ≦ 再熱除湿の順番となります。
再熱除湿は途中までは弱冷房除湿と同じなのですが、そこから再熱をするため消費電力が高くなるのです。

お持ちのエアコンの省エネ機能によっても異なりますが「弱冷房除湿は冷房の35%電気代が安い」「再熱除湿は冷房の35%電気代が高い」といわれています。
電気代を抑えたい場合は、弱冷房除湿もしくは高めの温度に設定した冷房がオススメです。
エアコンは設定温度を1度上げるだけで約10%の節電効果があるといわれています。

気温や湿度によって使い分けよう

消費電力の比較では弱冷房除湿が一番安くなりましたが、エアコンの使用方法を電気代だけでは決めてはいけません。
真夏など温度が高くなる場合には「冷房」を使用、梅雨の時期などの湿度が高い時期には「除湿」を使用した方が、効率が良いこともあります。
その日の気温、温度によって使い分けするのが、最も効率の良い方法であるといえるでしょう。

エアコンの機能も確認しよう

最新型の高機能なエアコンには、弱冷房除湿と再熱除湿の両方がついていることが多いですが、古いエアコンでは弱冷房除湿の機能のみがついている場合が多いです。
また、省エネ機能がついているエアコンを利用すれば、さらに電気代はお得になるでしょう。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり