お役立ち情報

お役立ち情報

原状回復義務と清掃の関係

1.原状回復のタイミングと清掃

原状回復とは、簡単にいえば次に住む住人のために借主・貸主が共同で負担し、室内を修繕・清掃するという規定です。また、この義務がないとされる賃貸物件でも基本的には貸主の許可がない限り、リフォームは許されず無断でリフォームした場合は高額な修繕費用を請求避けることがあります。その為、ここでは清掃と原状回復義務の関係性について言及していきます。

 

2.清掃をしない場合のデメリット

原状回復義務の定義上、部屋の退去時、掃除をしなければならないと規定されてはいますが、それがどちらの費用になるのかまでは規定されていません。しかし、殆どの場合は不動産会社が外部業者にクリーニングを頼んだ際の費用は借主に請求されると考えていいでしょう。中には契約書の内容に記載しているところもあり、契約書が全てだと一切話を聞かない不動産会社もあり、裁判にまで発展するケースもあります。

 

また、もし清掃を全くせずに部屋から退去した場合、その修繕・清掃費用は非常に高額なものとなり得ます。退去時の請求に関して気をつけて欲しいのは、借主の過失などに関係なく、全ての金額を借主に負担しろとする不動産会社が多いこと、実際の修繕・清掃費用を度外視した請求もあることなど気をつけて対処しなければならない問題が多々あります。このような問題は、契約内容・不動産会社に問題がある場合がほとんどですが、残念ながらそこまで気がつく借主の方は少ない現状があります。

 

その為、契約時に気付かなかった不利な条件に対して、法律の専門家や消費者センターに相談することがとても大切になってきます。いざ、請求を迫られるような場面になっても決して一人で悩み戦うことはないということを覚えていてください。

 

3.トラブルと原状回復義務

トラブルの原因になりやすい原状回復義務のある賃貸物件の契約ですが、問題はこの制度ではなく、規定を守らない管理者に問題の大部分があります。借主に、暴挙のような請求をするのも管理者側ですし、裁判にまで話を持ってかなければ話をつけられない融通の利かなさなど、管理側のモラルはかなり低下しています。また、契約内容がすべてだと切り捨てる管理者も会社として存在してはならないほど低レベルの言論を振りかざしています。

 

しかし、このような悪評が立つ不動産会社は調べれば、実態を簡単に掴むことができますので、契約前から契約しようと思う不動産会社については、ある程度調べてから契約することを強くお勧めします。契約時からトラブルの火種は撒かれているのだということを忘れないでください。

 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり