お役たち情報

お役立ち情報

エアコンの大掃除はいつから始めればいいのか

1.エアコンの使用頻度で考える

エアコンの使用頻度は、掃除の頻度にも大きな影響を与えます。エアコンを毎日フル稼働させるなら、比例して掃除の必要性は上がっていきます。エアコンは室内の空気を循環してコントロールするものですが、ゴミや埃はいくら掃除していても、そのすべてがなくなるという状況は極めて難しく、次第にエアコンのフィルターと内部に対して悪影響を与えるようになっていきます。

 

つまり、使用頻度が高ければ高いほど、掃除が必要になってくることに加え、無理やり掃除機能を中断させるような使い方は何の意味もなく、悪影響しかないということになります。また、お掃除機能付きでないエアコンを使用している方は、ご自身の目でフィルターと内部の汚れを確認してみてください。
フィルターは自分で掃除できますが、内部については、汚れが目立つと思った場合場合はすぐにでもプロに任せるのが最も有効な手段です。

 

2.エアコンの調子で考える

エアコンの調子が悪いという状態は、本体と室外機どちらかに問題がある場合が多いです。また、異音がする、エアコンの風が弱い、エアコンの風が出ないなどその症状により当てはまる対処方法が異なってきます。また、掃除を行いたい場合でも水を使った洗浄と、スプレーを使った洗浄はできる限りは避けるのが賢明です。

 

水を使った洗浄は、プロでもミスをすることがありますし、自分でやって失敗した日には目も当てられません。よほど内部構造に詳しいのなら、話は別ですがそれでも洗浄する手段とコストを考えると素直に業者に頼んだほうが色々な意味で楽です。また、スプレーを使った洗浄は、表層の汚れは取れるかもしれませんが、内部の汚れがそれによって全て解決するとは限らず、場合によってはもっと悪化する可能性すらあります。そのため、スブレーを何本も使うぐらいなら、新たな掃除方法を探したほうがいいでしょう。

 

3.エアコンが今どんな状態なのかで考える

お掃除機能付きのエアコンでなくても、クリーニングを訴えるランプが点灯している場合は掃除を行うようにしましょう。また、今まで運転後のお掃除機能付を電源プラグごと抜いていた方は、その使い方はやめてください。下手をすれば、基盤にダメージを与えたり、断線の原因にもなりかねません。

 

エアコンの掃除は、現在の状況に合わせて行うものです。そのため、汚れなどについて何か思いあたる節がある方は、一旦使用を取りやめエアコンのフィルターと内部を視認してみてください。もし、目に見えて分かるほどに汚れている場合はすぐにでも掃除を行い、自分では手が施せない汚れにはプロに対処してもらいましょう。

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり