お役たち情報

お役立ち情報

エアコンの暖房が効かない時に考えたいこと

1.エアコンの異常は本体と室外機に分かれる

エアコンが正常に稼働するためには、エアコン本体と室外機の両方が上手く連動する必要があります。通常、エアコンと室外機の連動は、通常の稼働においては全く気にする必要のないものですが、エアコンの温風が出ない場合、エアコン本体と室外機を調べる必要があります。また、エアコンにおいては、その異常は異音が出たり、暖房が利かないなどとてもわかりやすい形で表れます。その為、ここでは、主に暖房が利かなくなる原因について言及していきます。

 

2.エアコンの内部と室外機

エアコンは、室内の空気を循環し温度をコントロールするものです。つまり、外部の気温などの影響を受けつつも空気に関しては室内のみを循環させるため、エアコンの内部の埃やゴミは室内環境にかなり左右されることになります。また、外部の空気と室内のエアコンの設定温度に気温差があればあるほど、消費電力は高くなるということを忘れないでください。また、冬にはエアコンの霜取り機能が起動することもあります。この状態を故障だと勘違いする場合もありますので、霜取り運転中かどうか確かめのと同時に、その回数があまりにも多いようであればエアコンの買い替えをお勧めします。

 

空気の循環に関しては、エアコン本体の掃除のみでかなり改善させることができます。フィルターはもちろん、内部に関してはクリーニングも視野にいれて清掃してみましょう。それだけで故障かと思われるような症状が改善されることがあります。また、エアコンの内部にゴミや埃が溜まるとエアコンの能力の効率は落ちます。能力の効率が落ちるということは、消費電力が上がるうえに通常の運転ができていない状態であり、その状態でエアコンを使用し続けると様々な悪影響を及ぼします。最悪は、無理な稼働で内部の回路がショートし火災につながることもあり、そうなった場合はエアコンの買い替えはもちろん、賃貸物件なら修繕費用が発生します。

 

3.エアコンの寿命

電化製品は寿命を迎えると、その能力を発揮することができなくなります。エアコンが寿命を迎えた場合は、電源ボタンには反応しますが寿命を迎える前のような能力を発揮することはできなくなります。また、寿命とは別にエアコンか室外機の基盤に異常があった場合にもエアコンは通常の稼働が難しくなります。その為、掃除を行っても症状が回復しない場合は専門家に依頼し、現在のエアコンがどういう状態にあるのか知ることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり