お役立ち情報

お役立ち情報

エアコンの暖房使用時の電気代

 

1.エアコンの仕様を考える

エアコンはどんな機能を持っていても消費電力の高さは、使用者の使い方に寄ります。つまり、エアコンの使い方によって消費電力は異なり、エアコンのせいで電気代が高いと感じる方はその使用方法を根本的に見直す必要があります。また、そのエアコンがどのくらいの能力を有しているかによって部屋を暖める速度が違うことを多くの人が見落としがちです。その為、ここではエアコンの暖房機能による電気代について言及していきます。

2.電気代が高くなる要因

エアコンは室内の空気を循環する機械です。その為、エアコンの内部などに直接関係してくるのは室内の空気がメインであり、外部の気温を考慮して設定温度を考えるという考え方は一般家庭ではあまりないかもしれません。しかし、電気代に着目するのであれば、外気温と室内気温は温度差があればある程、電気代が高くなる傾向にあります。

 

公的機関に夏場にいくと、わかりやすく27℃設定になっているところがあり「なぜこんの温度なのか?」と思われますが、これには節電の意味があるということになります。つまり、エアコンは設定温度限界の温度設定では、仕様上電気代が高くなり、暖房でも冷房でも外気温と差があればある程電気代はさらに高くなります

 

また、暖房機能に限らず短時間の運転でも電気代が高い場合はエアコン内部に問題が生じている場合があります。エアコンは、何か異常があった場合には比較的わかりやすく音や機能に異常が表れます。もし、暖房の風が弱いなどの場合は、早急にフィルターや内部のクリーニングを行うといいでしょう。室外機に問題がある場合もありますが、よほどのことがない限りエアコンの異常は内部に多いということも忘れないでください。

 

3.適正な暖房の使用方法

24時間フル稼働でエアコンを使用している方は、お掃除機能やエコ運転を駆使するようにしましょう。お掃除機能を使用することで、エアコンの内部にごみや埃が溜まりすぎることを防ぐことができます。エアコンの内部にごみが溜まると、性能の低下、電気代の上昇などマイナスの要因が発生しやすくなります。

 

また、エコ運転は設定温度になると運転を停止する機能です。エコ運転では、部屋が設定温度以下になると自動的に稼働するため、エアコンの稼働時間も減りますしなによりも無駄に稼働し寿命をへらすこともありません。エアコンは使用頻度が多ければ多いほど、適切な使用方法を行っていかなければ、使用者に不利益をもたらしてしまいます。エアコンの温度管理も大事ですが、電気代の観点からも極端な温度設定は控えましょう。
 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり