お役立ち情報

お役立ち情報

エアコンの暖房のコストについて考えること

1.エアコンはどういうものなのか

一言でエアコンと言っても、エアコンは室外機と本体に分かれており、どんな高額の製品でも部屋の空気を循環して温度を管理するという原理そのものは何も変わりません。その為、室内の環境に強く影響され、エアコンの内部の汚れやすさは使用方法によって大分異なってきます。

 

また、同じ温度設定でも使用方法が異なれば、電気代にはかなりの差がつくこともあります。その為、ここではエアコンの暖房におけるコストをメインに言及していきます。

2.冷房よりも暖房のほうがコスト管理が重要

エアコンは、外気温の影響を強く受けます。室内と温度差があればある程、消費電力は高くなる傾向になっています。実際、低温の状態ではエアコンは上手く動くことができず、霜取りなどの補助機能が必要になってきます。そして、製品によってはこの霜取り機能ばかりが起動するという状態にも陥るため、電気代が高くなる傾向にあります。また、使用する季節の温度差を考えてみると、確かに冬のほうが設定温度と外気温の温度差は激しく、お掃除機能の有無やエコ運転に関係なく電気代は高くなりやすいと言えます。

 

しかし、一定の温度を保ちつつ、低下したときのみエアコンが稼働するエコ運転のできる製品では、フル稼働し続ける製品よりも消費電力を低額で抑えることができます。
エアコンのコストを管理する意味でも、エアコンの掃除はとても大切です。ゴミや埃などで目詰まりを起こしているエアコンは、消費電力も高くなりその能力を十分に発揮することができません。その為、お掃除機能がついているエアコンはお掃除機能をフル活用しておくと掃除の手間も省け、カビの繁殖を防ぐことができます。また、何の機能も有していないエアコンは、必ず定期的な内部清掃が必要になってきます。汚れがたまり、カビの繁殖したエアコンは、能力が下がっているのみでなく、人体に対しても有害だということを忘れないでください。

 

3.製品の限界とコスト

賃貸物件などだと、据え付けのエアコンを使用している方も少なくないと思います。しかし、据え付けのエアコンの能力は、低いものが多く現在の製品と比べるとエネルギー効率に差があるのは事実です。その為、エアコンで部屋全体を暖めるというのはかなり消費電力を高めてしまい、温まるまで時間を要する場合もあります。

 

一軒家の方でも、暖める能力を見越したエアコンの購入は必須です。部屋の広さに対して、エアコンの暖める能力が足りない場合は消費電力は安価になることはありません。逆に、エアコンの能力が突出して高い場合はちょっとの稼働で部屋が暖まる為、結果的に安価な消費電力で済む場合があります。部屋を暖める方法はエアコンのみではありません。しかし、もし部屋を暖める手段がエアコンに頼るしかない場合はエアコンの能力を考えた上で購入・使用しましょう。

 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり