お役立ち情報

お役立ち情報

エアコンの暖房は温度設定でエコを意識しよう

 

1.エアコンの温度設定と能力

エアコンは室内の空気を循環し、温度をコントロールするものです。エアコンがどんな能力を有していてもそれは変わりません。また、基本的にはエアコンは室外の空気を室内に取り込むことはなく、室外の空気そのものは室内に影響を与えることはありません。ちなみに、エアコンの能力によっては、空気清浄機能も備えていますがこれも外の空気は動作に影響しません。つまり、エアコンの動作においては外気は全く影響を及ぼさないということです。

 

しかし、外気温と室内の温度設定に差があればある程、電気代は比例して高くなります。また、同じ温度設定だとしてもエアコンの能力は個々で異なるために、暖房・冷房どちらでも能力が高く、対応する部屋の広さが多きいものほど部屋の気温はコントロールしやすくなります。これらのことを踏まえて、ここではエアコンの暖房の温度設定とエコを意識した使用方法について言及していきます。

 

2.エコ運転と通常運転

温度設定の他に、エアコンの機能としてエコ運転を行えるものがあります。エコ運転は、設定すると一定温度を常に保ち続ける為、つけっぱなしにしていても一日中フル稼働することがありません。その為、通常運転と比べて電気代が安価になりやすい傾向にあります。また、エコ運転機能の有無に関わらず、暖房は冷房と比べて消費電力は高いです。

 

これは、単純に冬場の気温差が夏よりも激しいためであり、仮に外気温が0℃、室内の気温が20℃だとしたら室内と室外で20℃の差があることになります。この気温差をエアコンでカバーすると考えると、消費電力の高さはエアコンの設定と使用方法に大きく左右されることになります。その為、エコを意識して、エアコンを使用する際には温度設定から挑戦してみましょう。

 

 

3.目詰まりはエコの敵

エアコンに限らず、電化製品は目詰まりを起こすと途端に能力が落ちます。特に、空気を循環する空気清浄機やエアコンはその特徴が顕著です。また、消費電力を使用方法でカバーすることもできますが、それはあくまでエアコンが正常の稼働を行えた場合に限ります。エコ運転や温度設定を考えても、エアコンが正常な稼働を行えない場合は、無理やり稼働させている状態になりますので消費電力は高くなり、部屋の空気も調節できないといったケースに陥る場合があります。

 

その為、エアコンには定期的な清掃が必要であり、お掃除機能などの掃除機能を有していないエアコンほどまめな掃除が必要になってきます。もし、掃除が億劫な場合は専門業者に頼んだり、買い替えなども検討するといいでしょう。

 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり