お役たち情報

お役立ち情報

節約しよう、エアコンの暖房使用時に考えること

 

1.気温差と消費電力

エアコンの使用時に、室外の気温を気にされる方は意外と少ないと思います。人によっては公共施設などの設定温度は、「一体何の基準なのだろう?」と感じる方も居るでしょう。しかし、この温度設定は全く意味のない基準ではありません。エアコンは、室外の気温と室内の設定温度に差があればある程、消費電力が高くなります。

 

エルギーの変換に、かなりの電力を使うと考えればわかりやすいでしょう。そして、住む地域にもよりますが、気温差は夏よりも冬のほうが激しい為、冬のほうが消費電力が高くなりやすいという実情があります。これらのことを踏まえて、ここでは、エアコンの暖房使用時の節約について言及していきます。

 

2.暖房使用時の節約方法

暖房機能の使用時に節約をしようとする場合、確認するべきことがいくつかあります。1つ目は、設定温度です。設定温度と室外の気温に差がある場合、消費電力が比例して高くなるため設定温度を今までよりも低めに設定するだけで使用費電力に差が生じ節約することができます。冬に関して言えば20℃前後をボーダーラインとしてみましょう。

 

2つ目は、エアコンそのものの設定です。ある程度の性能を持つエアコンであれば、必ず有している機能の中でエコ運転を駆使することでエアコンの消費電力を抑えることができます。これは設定温度に達したら、エアコンが暖房の稼働をやめ、送風などの低電力の稼働に切り替えるもので、この設定を利用することで消費電力を抑えて電気代を節約することができます。3つ目は、エアコンの内部で目詰まりを起こしていないかという点です。

 

これは、節約という面以外でも注目して欲しい項目ですが、もしエアコンの内部でゴミや埃などで目詰まりしている場合、エアコンの消費電力は高くなり、能力も十分に発揮できない状態となるため、定期的な掃除は必ず行うようにしましょう。

 

 

3.エアコンの能力と節約

エアコンは製品によって能力の限界が決まっています。その為、部屋の大きさに合わない能力のエアコンを使用することはデメリットにつながります。もし、部屋の大きさに対して能力が足りないエアコンを使用していれば、部屋の気温を調節するのにもかなりの時間を要するうえに消費電力も高くなります。

 

また、このような環境ではエコ運転、掃除、温度設定など本体に対する作用では対処することができません。もし、どのような使用方法でも節約することが不可能な場合は製品の能力から見直してみましょう。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり