お役たち情報

お役立ち情報

エアコン内部の掃除の必要性

 

1.エアコンの内部と風の循環

エアコンは、室外機と本体に分けられます。そして、エアコンの調子が悪いという場合は、その原因のほとんどはエアコンの本体にあり、エアコンの本体に対してクリーニングを行ったら、今までの不調が何だったのかと思うほど回復するケースさえあります。ちなみに、室外機に異常がある場合にもエアコンは不調に悩まされます。一例をあげると、室外機に異常があり、能力を十分に発揮することができず、暖房も冷房も感じることができないレベルに能力が低下することがあります。この場合は、室外機の基盤などのシステムの根幹が破損しているので修理か買い替えが必要になる可能性が高いです。

 

また、エアコンは仕様上、風の循環によって室内の環境や温度を紺ロールするものです。その為、家電製品の中でも特に汚れやすい部類であり、内部の汚れは室内の空気の汚れに直結しています。つまり、仮にエアコンを清潔な状態に保てればほこりやごみによって室内の空気が汚れるという心配もいらず、寿命以外の不調が起こることも防げます。これらのことをふまえ、ここではエアコンの内部と掃除の必要性について言及していきます。

 

2.汚れとエアコンの内部

エアコンの内部は、よごれやほこりにかなりの影響を受けます。もし、ほこりやごみがエアコンの内部に溜まり始めると、能力の低下や吐き出される風の異臭など、様々なマイナスの要因が引き起こされることになります。その為、他の家電製品でもそうですがエアコンも同じく、ほこりやごみはマイナスの要因しか引き起こしません。

 

また、エアコンの機能でお掃除機能と呼ばれるものもありますが、お掃除機能はあくまで補助機能であるためエアコンの状態は定期的に使用者が確認する必要があります。もし、確認を怠った場合、エアコンにどんな機能がついていても、使用者やエアコンの風を浴びている方の健康を害するものとなっている場合もあります。もし、思い当たる方は今すぐエアコンの状態を確認することをお勧めします。

 

 

3.掃除で改善

エアコンは本体と室外機、共に洗浄して掃除を行うができます。しかし、家電製品であるため水に弱く、水で濡らしてはならない基盤などに水をかけた場合、製品を買い替える必要が出てきます。また、エアコンに付随している部分でも、フィルターなどは比較的掃除が行いやすく、水や洗剤での洗浄も容易な為、まずはフィルターの掃除から行うことをお勧めします。

 

フィルターの掃除で改善しない場合は、内部および室外機の掃除が必要になってきますが、これは掃除のプロに任せたほうが精神的にも経済的にも安心です。サイトによっては、掃除後の保障なども付いており、自分で掃除を行って失敗した場合のリスクもありません。その為、エアコン内部の掃除が必要だと感じた方は利用してみましょう。

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-214-048

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり