お役立ち情報

お役立ち情報

エアコンでお勧めの掃除方法

 

1.エアコンは掃除が必要

エアコンは室内の空気を循環することにより、室内の温度をコントロールする為、家電製品の中でもとくに汚れやすく、埃も溜まりやすい製品です。その為、エアコンはどのような機能が付随していても掃除が必要であり、汚れやほこりを無視して使用し続けると様々なマイナスを引き起こします。

 

ほこりや汚れがエアコンの内部に溜まり引き起こされるデメリットは、異音・異臭を始め、性能が落ちる、目詰まりで消費電力が上がるため電気代が上がる、目詰まりによって基盤がショートし火災が起きる、エアコンの内部のカビの繁殖によってアレルギーを発症するなど、人・物・環境に悪影響を及ぼします。その為、ここではエアコンの掃除の重要性について言及していきます。

 

2.掃除で使えるサービスと製品

エアコンの掃除は、エアコンの内部に詳しくない限り、フィルターの掃除をするだけで終わってしまうこともあるでしょう。しかし、それではエアコンの内部は全く清掃されておらず異臭や異音の原因を取り除くことは出来ません。また、市販されているスプレーなどでも症状が緩和することもありますが、それは汚れの程度が軽い場合のみであり、エアコンの性能に関わるような汚れやほこりまでは取り除けません。その為、異音や異臭、体感でエアコンの能力が落ちたと感じる場合は掃除のプロに洗浄を頼むことをお勧めします。自分で器具を揃えて、洗浄することもできますが手間や労力、費用を考えても掃除のプロに任せた方が安心です。

 

また、最新のエアコンではお掃除機能付きのエアコンも在り、内部とフィルターの汚れを自動的に行ってくれるエアコンもあります。値は張るかも知れませんが、エアコンがもたらすデメリットと掃除の手間を少しでも省くためにはとても有効な機能であり、エアコンを年中使用する方には特にお勧めします。ちなみに、どんな機能がついていてもエアコンは掃除が必要です。その為、定期的に目視確認を行うと意識していれば、掃除のタイミングなども調整することができるので、気になった時には後まわしにせず確認しましょう。

 

 

3.プロの掃除との違い

自分で行う洗浄とプロの行う洗浄では、やり方及び使う器具も違います。もちろん、エアコンの内部を熟知している場合は、掃除を行うことは出来ますがそれでもプロが掃除を行った場合と仕上がりには必ず差が付きます。

 

そのことも考慮したうえで、自分の手でどうにか対処できる汚れのレベルなのか判断しつつ、エアコンの掃除を行っていきましょう。

 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり