お役たち情報

お役立ち情報

エアコンの掃除の基本

 

1.掃除の必要性

エアコンは空気をコントロールするものであり、ほこりや汚れに敏感に反応する製品です。その為、エアコンの汚れやほこりを放置していると様々なデメリットを引き起こします。その為、エアコンにはどんな機能が付いていても、掃除が必要になってきます。ちなみに、自動で内部やフィルターを掃除するエアコンや空気清浄の機能も有しているエアコンもありますが、あくまで有効な補助機能であるというだけで、購入から寿命に至るまでメンテナンスが要らない訳ではありません。また、エアコンの不調は、室内の環境に悪影響を与える場合があります。

 

もし、エアコンから吹き出る風がカビ臭く、その風を浴びた場合に必ずせき込むなどといった場合には、早急な内部の掃除と医師の診断を強くお勧めします。これのことを踏まえてここでは、エアコンの掃除の基本について言及していきます。

 

2.何をどこまで掃除すればいいのか

エアコンの掃除のまず、手の届く範囲から始めましょう。100均などで買える清掃用具とドラッグストアで買える酸素系漂白剤などで十分綺麗にすることができます。特にフィルターや風の吸込口は掃除機などでほこりやごみを吸い出してから、清掃するとより効果的です。また、市販の洗浄用スプレーも掃除に役立つアイテムではありますが、汚れが軽い場合以外では使用は控えてください。カビのさらなる増殖を招く可能性が高く、エアコンに問題が生じている場合にも更に悪化する可能性もあります。ちなみに、清掃後にエアコンの内部を乾燥させるのはカビ対策の為です。

 

エアコンは、常に温度差のある空気を内部でコントロールしていることもあって、常にカビが発生しやすい状況になっています。その為、お掃除機能付きのエアコンも掃除後には、内部を乾燥させています。常にエアコンを使う人ほど、エアコンの機能は途中で遮断させないようにしましょう。節電の意識から、お掃除機能を遮断してしまう方も居ますが、結果的にデメリットしか残らない行為だということを忘れないでください。

 

 

3.掃除の手間と費用

エアコンのフィルターと風の吸込口の掃除は、比較的簡単です。むしろ、何も難しいことはありません。しかし、エアコンの内部の掃除となってくると、よほど内部構造に詳しい方以外はかなり厳しい内容です。

 

また、同じような装備を揃えても素人では掃除のプロと同じような洗浄が出来るわけではありません。費用と手間などを考えてもエアコンの中身の掃除は、掃除の必要性が高ければ高いほど掃除のプロの手を借りるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり