お役立ち情報

お役立ち情報

間違ってはならない、エアコンの掃除のポイント

 

1.掃除の必要性

エアコンは定期的な掃除が必要な製品です。お掃除機能や空気清浄機能など様々な機能が付いている製品もありますが、どんな機能がついていても最終的には人の目で確認し人の手を入れなければなりません。また、エアコンに汚れやほこりが溜まるということは、その内部を通る風もその汚れに汚染される為、室内の空気が悪化するとともに、人体にも悪影響を与えることになります。

 

その為、数ある電化製品の中でもエアコンは特に掃除が必要だとされており、汚れやほこりを放置することは室内の環境を悪化させることにつながります。これらのことを踏まえて、ここではエアコンの掃除のポイントについて言及していきます。

 

2.何に気をつけて掃除を行うのか

エアコンを掃除するにあたって、気を付けなければならないポイントは、基盤などの水で濡らしてはならない部分には水を使用して洗浄しないことです。もし、水を使ってはならない個所に水をかけた場合、修理するか買い替えをしなければならなくなります。逆を言えば、エアコンは水で濡らしてはならない個所以外は、水で洗浄することが可能であり、ドレンを通して外に流れます。その為、エアコンの内部の水で濡らしてはならない部分に悪影響を与えなければ、エアコンの洗浄を自分だけで行うことができます。

 

また、比較的掃除のしやすい部分としてフィルターと風の吸気口が挙げられます。どちらも手軽に掃除することが可能であり、フィルターはエアコン本体から取り外し水洗いも可能です。風の吸気口は、水洗いを行いたくなりますが知識なく水洗いを行うと、最悪は製品の買い替えが必要になってしまいます。掃除機でごみやほこりを取り除く程度で留めておきましょう。

 

 

3.対処できない場合に考えたいこと

掃除を行った際、もし自分で対処できないレベルでエアコンの汚れやカビなどを発見した場合、市販のスプレーなどの使用はなるべく控えてください。スプレーで改善するような汚れは、比較的軽微であり、場合によってはさらに悪化することもあります。その為、自分で対処できない汚れは掃除の専門家に依頼することをお勧めします。クリーニング費用も自分で洗浄を行う場合の費用と違わず、専門の知識を持っているため精神的に安心することができます。

 

また、ほとんどの業者やサイトでは、製品に対する補償を行っており、失敗してもクリーニング代以外の費用は発生しません。自分で洗浄を行うことが不安な場合は、このようなサービスを利用してみましょう。

 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり