お役たち情報

お役立ち情報

エアコンのほこりを防止するポイント

 

1.エアコンは必ず掃除が必要なもの

エアコンは製品の仕様上、ほこりやゴミを避けて通ることはできません。もちろん、自動で中を掃除する機能や空気清浄機能が付いていれば、そのような機能がないエアコンよりも快適な環境を作ることができます。しかし、エアコンはどのような機能が付いていても最終的には、人の目で汚れの程度を確認する必要があり、もし、エアコンの汚れを放置しておくと様々なデメリットが生まれます。

 

ほこりとちりなどのゴミがエアコンの内部に蓄積したままだと、エアコンの能力が下がる、室内の空気が悪化し、肺炎や喘息の原因になる、元々呼吸器系の病気に罹患していればさらに悪化する、など様々なデメリットが発生します。このようなことを踏まえ、ここではエアコンのほこりを防止するための対策を見ていきましょう。

 

2.ほこりを溜めない為に考えること

エアコンのほこりを溜めないためにできることは、定期的なクリーニングを頻繁に行うことが最も効果的です。お掃除機能がついているエアコンなら、稼働の度に掃除し、空気清浄の機能を使えば室内の環境を整えることが出来ます。また、ほこりやちりは生活していれば必ず発生するものであり、空中に浮遊しているためエアコンの他に空気清浄機などがあればエアコンの負担を減らすことが出来ます。

 

また、自動洗浄機能を持たないエアコンは最低でも季節が変わるごとにクリーニングを行うようにするとほこりや汚れを溜めず、いざエアコンの調子が悪くなっても衝撃的な汚れを目の当たりにすることも少なくなるでしょう。つまり、エアコンの汚れの程度の確認は自分で行う必要はありますが、そうすることで掃除の必要なタイミングが分かることに加え、よごれやほこりがエアコンの内部に蓄積されることを防ぐことができるようになります。その為、定期的な掃除のタイミングは自分で作るということを意識しておくと掃除を忘れることはないでしょう。

 

 

3.製品の機能と室内の環境を考える

エアコンは製品によって保有する機能が違う為、家電量販店などで見かけるエアコンは賃貸物件の据え付けのエアコンなどと比べると能力差がかなりあることもあります。もちろん、エアコンのみで空気清浄や洗浄が行えれば、室内の空気に悩まされることは少なくなるでしょう。

 

しかし、エアコンでそのような対策が出来ない場合は、別に空気清浄機などを購入することで室内の空気を浄化することができます。室内の空気が浄化されることは、エアコンの汚れを抑えることにもつながるので室内の空気に悩んでいる方は、別の製品でサポートするという視点も持ってみましょう。

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-214-048

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり