お役立ち情報

お役立ち情報

エアコンの大掃除は、早めにしよう

 

1.エアコンの掃除は大切

多機能のエアコンを購入後、「そういえば全く掃除してないな」という方は意外と多いでしょう。確かに、多機能のエアコンの能力を駆使した場合、空気清浄機能に加え、フィルターの掃除のみでなく内部まで掃除してくれる製品も存在します。その為、最新の機器であればある程、掃除を忘れてしまいがちになります。

 

しかし、エアコンはどのような機能が付随していても、人が定期的に確認しなければ大きなデメリットをもたらすものになってしまいます。仮に3年も掃除していなければ、エアコンの内部はカビやほこりであふれていると思ってもいいでしょう。そして、その風を吸い込んでいる人体に悪影響が残らないわけがありません。このようなことを踏まえて、ここではエアコンの大掃除のタイミングについて言及していきます。

 

 

2.使用時期と大掃除の時期は出来ればずらす

大掃除と言えば、大晦日を連想する方が殆どだと思います。しかし、大晦日は冬期間の半ばであり、エアコンを使用せずに過ごすという環境は、エアコンが作り出す室内温度に慣れてしまっている方にはとても厳しいものです。また、室外と室内の温度差がとても激しい為、エアコン内部は湿気と常に戦っています。

 

つまり、環境次第では夏よりもカビが発生しやすい状況にあり、その時期に徹底的な掃除を行っても効果が持続しにくいというデメリットがあります。
エアコンの徹底的な掃除を行うのに適している時期は、10月の初めから11月の初めです。その期間であれば、まだ比較的暖かく、本格的な冬期間よりも内外での気温差もありません。その為、10月に入った段階で掃除を行っておくと冬期間にエアコンを止めてクリーニングを行うという事態を防ぐことにつながります。

 

 

3.エアコンを快適に使うために必要なこと

数ある製品の中でも節電を意識するあまり、エアコンは中途半端に節電対策されやすいものです。しかし、お掃除機能を中断させたり、霜取り運転を中断させたりは出来るだけ控えましょう。それぞれの機能には役割があり、特にお掃除機能は掃除が億劫だと感じる方にはかなり有用な機能です。また、運転の中断は通常の運転に加えて余計な消費電力が掛かるため、電気代も上がりやすくなってしまいます。

 

また、室内を掃除しておくことは、空気中のほこりも減るためエアコンにほこりや汚れが溜まる為の対策にもなります。
エアコンの掃除の時期は、室内環境を左右し、もし掃除を行わない場合はデメリットのみがのしかかるということを覚えておきましょう。

 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり