お役たち情報

お役立ち情報

エアコンの掃除方法は難しいとは限らない

 

1.エアコンに掃除が必要な理由

家電製品の中でも、エアコンは特にまめな掃除を必要とする製品です。空気清浄機もそうですが、部屋の空気を製品に通して、その空気で部屋をコントロールするものなので、室内に漂うほこりやちりはフィルターなどに集積されます。その為、フィルターを通り抜けたゴミやホコリは、エアコンの内部に蓄積されますし、フィルターにゴミやほこりが溜まると、風はフィルターを必ず通すものなのでエアコンの風がほこりっぽいなどの問題が生じてきます。

 

また、ほこりのにおいの風が出でいるということは、ほこりやごみの成分が室内に漏れ出しています。その中で過ごすことになることに加え、更に悪化するとエアコンの風がカビくさくなり、そこまで汚れてしまった場合には、人体にかなりの悪影響があります。これのことを踏まえて、ここではエアコンの掃除方法について考えていきます。

 

2.意外と簡単にできる清掃方法

エアコンの清掃方法は、言葉にするとそこまで難しくはありません。水で洗浄する場合も周りをビニールなどで養生し、適切な洗浄剤を使い、基盤を濡らさないように掃除を行えばエアコンの内部はかなり綺麗になります。また、自分で手軽に行える清掃方法は、フィルターの洗浄と吸気口の掃除です。フィルターは、洗剤を使い着け置き洗いを行えば汚れを落とすことができますし、吸気口に至っては掃除機で吸うとかなり効果的に掃除ができます。

 

また、エアコンの掃除で水を使った場合は必ず乾燥させるということを忘れないでください。もし、水で濡れたまま使用し始めると、エアコン内部の湿気がかなり大変なことになり、カビが増殖する可能性が高まります。そして、呼吸器系の病気を発症している方は普通の偏りも空気に敏感に反応してしまいます。その為、カビはもちろんですが、ほこりが溜まったエアコンは呼吸器系の病気を発症している方には、拷問のような苦しさを伴うことがあり、少しでもエアコンについて「おかしいかもしれない」と感じた場合は早急に掃除を行いましょう。

 

 

3.可能と不可能の境界線

エアコンの清掃方法の中でも、エアコン本体を養生したうえでエアコンの内部を清掃する場合には、基盤を考慮しなければなりません。もちろん、基盤は人間で言えば、脳と同じなので、破壊されればエアコンは機能しなくなります。その為、エアコン内部の清掃については自信がない限り、掃除のプロに依頼した方が安心で確実です。

 

また、プロと同じような洗浄方法でも同じような効果が得られるとは限らず、洗浄を行うにしても何を判断基準にしていいのか曖昧な場合は、エアコンの内部の水による洗浄はできる限り避けるのが賢明です。

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり