お役たち情報

お役立ち情報

エアコンのフィルター清掃で考慮したいこと

 

1.何故、エアコンは汚れるのか

既知の事実かもしれませんが、どんなものも物質として存在する以上、恒久に存在するものはなく次第に劣化していきます。そして、物質として作り出された瞬間から劣化は始まっており、常に外界の影響を受け続けます。エアコンの場合は、形がなくなる前に寿命が来ると思いますが、何よりも室内の環境に大きな影響を受けます。

 

室内の空気に存在するちりやほこり、タバコの煙などの粒子は、特にエアコンに吸い込まれやすくエアコンの内部に蓄積されていきます。そして、エアコンの本体が汚れるという結果になり、様々な悪影響が出始めます。このようなことをふまえ、ここではエアコンのフィルター掃除について見てみましょう。

 

2.フィルターの清掃は難しくない

エアコンのフィルターは、エアコンの吸気口の前に取り付けられており、室内の空気は必ずフィルターを通りエアコンの中にたどり着きます。その為、ちりやほこりなどの粒子はフィルターにとても溜まりやすく、フィルターはお掃除機能などのないエアコンでは目詰まりを起こしやすい状況にあります。フィルターの目詰まりで引き起こされる症状は、エアコン本体に汚れが蓄積された場合と同等の能力低下、消費電力の増加、風の勢いの減退などが考えられます。

 

つまり、フィルターは簡単に取り外して掃除を行えるものですが、だからといって放置しておくとエアコンや人体に悪影響を及ぼすことがあるということです。
また、フィルターの清掃方法はものすごく簡単に言うと、掃除機で大きなゴミを処理したあとに酸素系漂白剤かクエン酸入りのバケツに放り込んだ後乾燥させるという簡単な手順で掃除を行えるので、エアコンにお掃除機能が付随していても定期的な確認は必ず行うようにしましょう。

 

 

3.フィルターの清掃が必要な状況で考えたいこと

フィルターが汚れているということは、エアコンの内部は下手をするとそれ以上に汚れている可能性があります。シンプルな機能のみを保有している機種ほど、汚れには弱くエアコン本体では対策を行うことができません。また、お掃除機能を有していても無理矢理、電源を抜きお掃除機能を停止させるなど間違った使用方法で使用し続けるとカビが繁殖する恐れもあります。

 

ちなみに、エアコンはどんな機能を有していても常に湿気と戦っており、エアコン内部の清掃後には、カビが増殖することを防ぐために乾燥させることが必須です。フィルターとエアコンの本体は一心同体であり、片方が汚れていればもう片方も必ずチェックするようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり