お役たち情報

お役立ち情報

エアコンのフィルターに纏わりつくほこりを掃除しよう

 

1.エアコンの清掃の重要性

エアコンは家電製品の中でも特に汚れやすい製品です。扱うものが空気であるということと、製品の仕様上、室内の空気を循環して温度をコンロールする為、空気中のちりやゴミ、ほこりを集積しやすいという特徴があります。しかし、そうして集積されたほこりやちりなどのごみは、エアコン本体のみでなく人体まで悪影響を及ぼし始めます。

 

エアコンの能力低下、風が出ない、消費電力の増加、肺炎の発症、基盤のショートなどエアコンに蓄積されるゴミが引き起こす症状は実に数多くあります。これらの知識をふまえて、ここではエアコンの部位の中でもフィルターのほこりについて、焦点を当てていきます。

 

2.ほこりがフィルターに与える影響

フィルターは、エアコンの本体の中でも1番初めに室内の空気が通過する部位です。その為、空気中のほこりや塵などの大きなゴミはフィルターに付着しやすい構造になっています。もし、フィルターが存在していなければ、吸気口に直接、室内の空気が入り込むので吸気口の掃除がかなり困難になり、内部の汚れも今までの比ではないレベルで悪化していきます。ちなみに、お掃除機能や空気清浄機能の多機能エアコンであれば、そのような機能を有しないエアコンよりも掃除の頻度を減らすことが可能です。

 

あくまで、お掃除機能そのものは、補助的なものではあります。しかし、掃除を億劫に感じる方にとっては、なくてはならない機能であり、特に毎日エアコンを稼働する方はお掃除機能が付随している場合、頻繁にこの機能を使用することをお勧めします。また、掃除に関しては自分でやらなくてもプロに依頼すると、エアコンの本体も含めまるごと綺麗にして貰えるのでエアコンのフィルター掃除だけでは、根本的な解決にならないと感じる場合はエアコン内部の清掃を考えましょう。

 

3.ほこりの処理

エアコンのフィルターのほこりは、比較的処理がしやすい為、自分でも清掃を行うことができます。フィルターそのものに関して言えば、エアコン本体と分離することができることに加え、分離した際には掃除機などで大きなゴミを吸い取ることが可能です。

 

この清掃方法のみでもエアコンの機能が改善することもありますが、掃除機でごみを吸引したあとは、エアダスターで更にほこりを吹き飛ばすか洗剤につけ置きを行うと効果的です。特に、洗剤でのつけ置きを行う場合、ほこりや菌の逃げ場所がないのでかなり効果的にほこりを処理することが可能です。

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり