お役たち情報

お役立ち情報

エアコンのクリーニングと科目の関連性

 

1.エアコンの内部構造と掃除の必要性

エアコンは、室内の空気を用いて風を送り出し室内の温度や環境をコントロールする製品です。また、エアコンも車などと同じく、様々な部品の集合体であり、人間で言えば脳の役割をする基盤やエアコン内で発生する水を貯めておくドレンパン、排水を流すホースであるドレンなどそれぞれが異なる役割を持っています。エアコンに限った話ではありませんが、家電製品は殆どが精密機械であり様々な部品の集合体ということを考えると、その集合体の一部に不調が起きた場合、その不調は製品そのものにかなり影響を与えることになります。

 

ちなみに、空気を媒介する製品は家電製品の中でも特にこまめな掃除が必要であり、放置しておくと人体に悪影響を及ぼします。これらの知識をふまえて、ここではエアコンのクリーニングにおける科目と料金の関係について着目していきます。

 

2.エアコンクリーニングと科目

エアコンを使用する限り、エアコンのクリーニングは必須です。しかし、エアコンクリーニングを業務として行っている企業や個人は数え切れないほど存在しており、その中から慎重に依頼する一社を決める必要があります。ここで注意点として、例え大手の清掃業者であっても、個人事業者のような清掃業者であっても、清掃の内容そのものが同じであればよほど、技術に差がない限り仕上がりの差は生まれにくいというのが現状です。逆に言えば、技術力に差があるという状況を依頼者が見抜いて依頼しなければなりません。
また、クリーニングの科目について言えば、科目が多ければ多いほど清掃料金は高くなる傾向にあります。エアコンは部品の集合体であるためその気になればいくらでもクリーニング項目を小分けにすることが可能です。

 

しかし、科目は大きく分けてしまえば、エアコン本体と室外機、あとはオプションと呼ばれるものの3つ程度で問題ないということを忘れないでください。補足として、本体のクリーニング費用が低額でもあまりにオプション扱いの部品が多い場合は、その業者に依頼することを一旦考慮してください。クリーニング後に、金銭的なトラブルに発展する可能性がかなり高いです。そして、エアコンのクリーニングはフィルターなら、わかりますが徹底的に解体して清掃するオーバーホール以外の清掃方法ではそこまで小分けにして清掃すること事態が不可能だということも忘れないようにしましょう。

 

3.ニーズとサービスの合致

エアコンクリーニングは、依頼者がある程度、依頼する企業や個人について調べておかないとニーズに合うケースが少ないサービスです。また、エアコンのクリーニングの科目に関してもある程度知っておかなければ、クリーニング後にトラブルに発展する可能性も高く、依頼者が自分のニーズをはっきりさせることが最も大切な要素となっています。

 

その為、クリーニングの科目も含めた事前の調査を行っておけば、業者を選定する際にも迷わずに選定出切るでしょう。

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-214-048

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり