お役たち情報

お役立ち情報

エアコンクリーニングのタイミングに規定はない

1.エアコンにクリーニングが必要な理由

エアコンは購入時にも言われると思いますが、定期的な清掃が必ず必要な製品です。エアコンに限らず家電製品と呼ばれるものの全ては掃除を必要とし、特に内部にほこりや汚れが溜まるといずれは寿命を迎える前に壊れます。また、空気を媒介とする家電製品は、室内の環境にかなりの影響を受けることもあり、とても汚れやすいので、家電製品の中でも特にこまめな掃除が必要とされています。

 

そして、知識として忘れてはならないのは、エアコンの掃除やクリーニングを行わず汚れを放置し続けた場合には、性能の能力が下がるだけではなく、人体にかなりの悪影響を及ぼし、最悪は肺炎になる可能性もあります。つまり、家族全員でエアコンを使用している場合、エアコンの汚れのチェックを行わなければ、家族全員の健康を損なう可能性があります。これらの知識をふまえて、ここではエアコンのクリーニングのタイミングについて見てみましょう。

 

2.クリーニングを行うタイミングはケースバイケース

エアコンの定期的な清掃は2~3週間に1度がベストなタイミングだとされています。確かに、このぐらいの期間であれば汚れの拡散やカビの繁殖を防ぐことも可能ですし、クリーニングの必要性を見定めることもできます。また、使用者のエアコンの使用頻度にもよりますが、使用する機会が多ければ多いほど、室内の空気が内部を通過していくので定期的な汚れのチェックが必要です。夏や冬などの限られたシーズンのみでエアコンを使用する場合は定期的な清掃を行いつつ、徹底的なクリーニングは季節が終わる度に行うようにすると健康を害するリスクを減らすことが出来ます。

 

ちなみに、エアコンの種類によっては、自動洗浄機能であるお掃除機能と空気清浄機能を併せ持っている機種もあります。値段もそれなりに高価ではありますが、シンプルな機能のエアコンに比べるとエアコン内部に蓄積される汚れにはかなりの差がでます。機種によってはその機能をちゃんと使用していれば3年ほど徹底的にクリーニングを行う必要がないと言われているものさえもあります。

 

 

3.クリーニングとエアコンの性能

エアコンのクリーニングを行うと、汚れやちりなどによって阻害されていた機能が回復しエアコンの能力は殆どの場合は、回復することが多いです。そして、徹底的な清掃を行いたい場合は経済的にもリスク的にも、プロに依頼することを強くおすすめします。

 

また、お掃除機能付きのエアコンは技術力がなければ、分解も清掃も行えないほど複雑な内部構造となっており、中途半端な知識でのクリーニングは、曖昧な洗浄で基盤を濡らしエアコンそのものを買い換えなければならなくなるケースに発展する場合も少なくありません。その為、エアコンのクリーニングで迷った場合はプロに依頼することを検討しましょう。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり