お役たち情報

お役立ち情報

エアコンのクリーニングはどのくらいの頻度で行うべきか

 

1.エアコンの性質

家電製品全てに言えることですが、ほこりやゴミは家電製品にとって天敵であり、故障の直接の原因となる場合も少なくありません。また、機器の中にほこりやゴミが蓄積された状態は空気を媒介する製品であれば、一刻も早く取り除く必要があります。エアコンの場合は、室内の空気を取り込み、取り込まれた空気はエアコンの内部を通過して、その上で室内に空気を送り返すことで室内の温度をコントロールしています。

 

その為、長らく清掃されていないエアコンは蓄積されたほこりや汚れ、カビの成分がダイレクトに室内に拡散する危険なものになっている可能性が高く、エアコンの風によって咳が止まらないなどの症状に自覚がある方は早急に医師の診察を受けることを強くお勧めします。そして、これらの悪影響を防ぐ有効な手段としてクリーニングが存在しており、ここではエアコンのクリーニングをどのくらいの頻度で行えばいいのかをメインに考えてみましょう。

 

2.汚れの原因となるものとクリーニングで除去できるもの

エアコンの汚れの原因となるものは、空気中のほこりやゴミです。目に見えるような大きなゴミが空中を舞っているような室内に限らず、この汚れはどんなに室内を綺麗にしても発生します。ちなみに、エアコンの汚れやすさはエアコンの使用頻度と室内の空気にどれ程、目に見えない不純物が混ざっているのかで異なります。つまり、室内が綺麗で清浄な状態であればエアコンは汚れにくくなります。

 

そして、エアコンのクリーニングはどのくらいの期間で行えばいいのかと言うことに関しては1つの目安として、季節の変わり目が最も分かりやすい目安です。特に、室内と室外の気温差が激しくない秋はエアコンのクリーニングに最適の季節であり、寒暖の差が激しい季節はエアコンのクリーニングそのものの効果も持続しにくくなります。寒暖の差が激しいということは、湿気が生まれ、湿気からカビが発生しやすくなることに繋がるということを覚えておきましょう。

 

3.クリーニングの効果と費用

クリーニングの効果は、費用に比例して長続きするわけではなく、清掃方法によって異なります。その為、業者を比較した際に全く費用が違ったとしても結果が異なるとは限りません。そして、勘違いしやすいですが、エアコンの清掃方法は壁掛けのまま行う簡易分解形式のものだけではなく、オーバーホールという部品1つ1つの分解を行う方式があります。

 

もちろん、細かく分解して掃除を行う方が費用は高いですが、技術力が高くなければこの方式は行うことが出来ず、依頼した会社が大手の会社だから安心だとは限らないことを我擦れないで下さい。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり