お役たち情報

お役立ち情報

【赤ちゃんのハウスダウストアレルギー】症状と対策

【赤ちゃんのハウスダウストアレルギー】症状と対策

小児喘息やアレルギー性鼻炎など、ハウスダストが原因と考えられるアレルギーは多くの場合1歳から3歳までの間に発症します。
「なんだ、じゃあ生まれたての赤ちゃんはまだ大丈夫なのね」とホッとひと息つきたいところですが、鼻詰まりや咳などの症状が見られなくても、
赤ちゃんの不調が実はハウスダストアレルギーによって引き起こされていることは少なくありません。

今回は、そんな赤ちゃんのいるママが気を付けるべき、赤ちゃんからのハウスダストアレルギーサインと、実際にアレルギーの症状が出た時に行うべき対策について詳しくご紹介していきます。

赤ちゃんのハウスダストアレルギーのサインは皮膚炎

赤ちゃんの肌にポツポツと赤い湿疹が現れたら、それはハウスダストアレルギーのサインかも。
アレルギー反応は身体の中でも最も弱い部分に表れることが多いですが、赤ちゃんの場合は、それがまだバリア機能の弱い肌であることがほとんどなのです。

湿疹のできる場所は耳の裏や首、ひじやひざの周りが多く、病院で治療してもらっても繰り返し発症してしまうことが特徴のひとつです。
多くの場合、病院ではアレルギー性疾患のひとつであるアトピー性皮膚炎と診断されます。

ハウスダストはアトピー性皮膚炎の原因になる

ハウスダストアレルギーの赤ちゃんは、肌の中にハウスダストが入り込むと、ハウスダストを異物だと認識し、体内から追い出すためにハウスダストに対する抗体を作ります。
すると、次回から同じようにハウスダストが体内に入ってきた時、抗体がハウスダストをやっつけるために神経物質を分泌します。
この神経物質の影響で、赤ちゃんの肌には炎症が起きてしまうのです。

一度抗体ができてしまうと、このように何度でも神経物質が分泌される仕組みなので、治った!と思ってもまた再発することがあるというわけですね。

ハウスダストアレルギーから赤ちゃんを守るために

ハウスダストに対する抗体を作りやすい体質かどうかは、遺伝も関係しています。
もし赤ちゃんがハウスダストアレルギーであることが分かったら、少しでも症状をおさえるために次のことに気を付けてあげましょう。

治療後は赤ちゃんの肌をしっかり保湿しよう

【赤ちゃんのハウスダウストアレルギー】症状と対策

皮膚が炎症を起こしたままの状態では、そこからさらにハウスダストが入り込みやすくなってしまいます。
まずは炎症をきちんと治療し、その後は赤ちゃんの肌のバリア機能をなるべく高めるために、保湿を心がけましょう。
市販のベビーローションを使用しても良いですし、皮膚科で処方してもらえる白色ワセリンやビーソフテンなら、市販のものよりさらに低刺激なので赤ちゃんにはおすすめです。

赤ちゃんの生活空間からハウスダストを減らそう

ホコリやダニのふん・死骸、カビなど、生活していると部屋の中からどうしても出てきてしまうハウスダスト。
しかし、これらの発生をなるべく少なく済むよう工夫することで、赤ちゃんにとってはだいぶ過ごしやすい環境になります。

部屋の湿度を60%以下に保ってダニやカビの繁殖を防いだり、ホコリが発生しやすい家具はなるべく置かない、ペットは飼わないなど、できるところから実践していきましょう。
知らず知らずに汚れが溜まり、それを部屋中に拡散させていることもあるエアコンも定期的に掃除しましょう。

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-214-048

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり