お役立ち情報

お役立ち情報

暖房の適温を探るカギは湿度?エアコンのエコな使い方

暖房の適温を探るカギは湿度?エアコンのエコな使い方

暖房の温度設定どうしてますか?

冬になると、エアコンの暖房なしでは過ごせないご家庭がほとんどかと思います。
ただ、家にいる間ほぼずっと付けっぱなしだと余計に気になるのが電気代です。

当然、環境にも良くないんだろうなぁとは思いつつ「エアコンをつけているのに肌寒い…」では意味がないので、温度設定はついつい高めにしてしまう方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、普段あまりハッキリとしない「暖房の適温って一体何℃なの?」という疑問にお応えしつつ、エアコンの温度設定と湿度との意外な関係についてもご紹介していきます。

暖房の適温、目安は20℃

環境省の発表によれば、冬場の暖房の適温は20℃。エアコンメーカーであるダイキンでも、20℃~22℃を適温として発表しています。
ということは、世の中的には20℃程度が暖房の適温ということになるのですが、「え!?それってちょっと肌寒くない?」と思われた方も実際いらっしゃることでしょう。
エアコンの暖房は、温度を1℃下げると電気代が10%節約できると言われています。

具体的な数字でお話すると、1時間あたりのエアコンの消費電力が500Wだった場合、20℃では8.9円、21℃なら9.8円の電気代がかかります。
当然さらに温度を上げれば上げるほど電気代は高くつきますし、エコの観点からもあまり設定温度を上げすぎることはおすすめできません。

寒がりさんは、湿度に注目!

そうは言っても「20℃じゃまだ寒いんだよなぁ…」というみなさんは、ぜひ部屋の湿度に注目してみてください。
同じエアコンの設定温度でも、部屋の中の湿度が違うだけで、実際の体感温度は驚くほど変わります。
たとえ温度を27℃まで上げたとしても、湿度が10%しかない部屋では体感温度は21.9℃までしか上がりません。

それに対して、湿度50%の部屋であれば、温度が23℃でも体感温度はさきほどとほぼ同じ21.8℃になるというデータがあるのです。
また、湿度を70%まで上げることができれば、温度が21℃でも21.3℃の体感温度を得ることができます。

冬は部屋の中まで乾燥していることが多いため、予想以上に湿度は下がりがちです。
湿度が低い状態だと、どれだけ暖房の設定温度を上げても、体感としてはなかなか暖かさを感じにくいようです。

暖房の温度設定は適温で、湿度50%以上を目指そう

暖房の適温を探るカギは湿度?エアコンのエコな使い方

エアコンの暖房をよりエコに使うためには、設定温度は適温をキープしたままで、湿度をアップして体感温度を上げていくのがとてもおすすめです。
湿度を50~60%に保つと、インフルエンザの予防にもなって一石二鳥です。

加湿器を導入するなど、部屋の湿度を上手にコントロールして寒い冬を乗り切ってくださいね。

 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり