お役たち情報

お役立ち情報

赤ちゃんのための正しいエアコンの使い方

赤ちゃんのための正しいエアコンの使い方

赤ちゃんがいる家庭では、注意することや配慮しなければならない点が数多くあります。
そのうちの一つが「赤ちゃんのためのエアコンの使い方」です。
さて、赤ちゃんにとってエアコンは使うべきなのでしょうか。
今回は、赤ちゃんのための正しいエアコンの使い方を紹介していきます。

体温調節機能は3歳から

赤ちゃんはまだ上手く体温の調節ができません。大人と同じように自分の力で体温を調節できるようになるのは3歳以降とされています。それまでの間は、温度は出来る限り安定させてあげたほうが、赤ちゃんは快適に過ごせるのです。

小さな子供は体温が高めになっているのが普通です。ですが、赤ちゃんの場合は自分で汗を拭くことも着替えることも当然ながらできません。ママやパパがしっかりと室内の環境を整えてあげる必要があります。

赤ちゃんにとって快適な温度と湿度

夏にエアコンを使う上で冷え過ぎに注意することはあっても、暑過ぎに意識がいかないことが多いのではないでしょうか。温度管理を怠ると、赤ちゃんは家の中で過ごしていても熱中症になることがあるのです。
実際、節電のために夜中の使用を控えていたところ、赤ちゃんが熱中症になってしまったというケースもあります。

夏の時期にエアコンを使用する際は、外と室内の温度差が5度以内になるように設定をしておくことが大事です。
家の内と外で温度に差がありすぎると、大人でも負担が大きくなります。赤ちゃんにとってはなおのことです。赤ちゃんが屋内で快適に過ごせる温度は26度から28度とされています。この温度を参考にエアコンの温度を設定しましょう。

また、ハウスダストやバイキンへの対策として湿度を保っておくことも見逃せません。エアコンを使用すると空気が乾燥しがちになります。加湿器で40%から60%の湿度を保つように心がけましょう。湿度に関しては大人でもこの具合が過ごしやすいです。

夜は扇風機との併用も

赤ちゃんのための正しいエアコンの使い方

エアコンを使うときの基本として、エアコンから出る風が直接身体に当たらないように注意してください。
エアコンから送られてくる風は非常に乾燥しています。そのため直接身体に当たると、冷え過ぎや肌の乾燥を招きます。赤ちゃんに限った話ではありませんが、肌の潤いを保つのは免疫力を維持する上で重要なことです。
赤ちゃんは肌も大人に比べると乾燥しやすいので、特に注意しましょう。

また夜の間、エアコンをつけたままにするかを悩むことが多いと思います。赤ちゃんのためには、エアコンをつけたままのほうが良いでしょう。夏の夜は大人でも寝苦しく感じることが多くあります。扇風機を併用して室内の空気を循環させてあげると、大人でも赤ちゃんでも快適な睡眠が取れることでしょう。

最後に

赤ちゃんがある程度成長するまでは、室内での過ごし方にも注意が必要です。
ですが、昔に比べるとエアコンの性能も格段に上がっています。さらに今では省エネ家電が基本となっています。電気代もそれほど心配する必要はないように思います。また、送風機や扇風機などと併用して空気の循環を作ることで、自然な涼しさに近くなるので赤ちゃんの成長への心配も減るでしょう。一定の温度、湿度を保てるように正しくエアコンを使っていきましょう。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり