お役たち情報

お役立ち情報

夏風邪の原因はエアコン? エコ&風邪予防のコツとは

夏風邪の原因はエアコン? エコ&風邪予防のコツとは

暑い時期なのに風邪をひいてしまう「夏風邪」になったことのあるという方も多いでしょう。夏風邪は長引きやすくやっかいな症状です。
実は、その原因はもしかしたらエアコンかもしれません。今回は夏風邪を予防するためのエアコンの設定温度やお手入れ方法を紹介します。

 

夏風邪の原因となるウイルス

冬であれば、インフルエンザなどのさまざまなウイルスが原因で風邪をひくことが多くなります。これらは寒くて乾燥した空気を好むウイルスです。咳・鼻づまり・発熱・のどの痛みなどを引き起こします。

一方、夏風邪の原因となる主なウイルスは「エンテロウイルス」「アデノウイルス」など、暑くて湿気の多い環境で活性化するものが多いのが特徴です。インフルエンザのような効果的な薬もなく、ウイルスが外に排出されるのを待つしかないため、回復までに時間がかかり長引きやすい傾向にあります。

 

夏風邪の原因

夏風邪の大きな原因となるのが「身体を冷やす」ことです。夏の暑さは体力の消耗や食欲不振を招き、その結果免疫力の低下を引き起こします。その状態でさらにガンガンに冷えたエアコンにあたることにより身体が冷えて、夏風邪を引きやすくなってしまうのです。
寝る時にエアコンを付けたまま寝る方も多いと思いますが、部屋の空気が乾燥し、喉や鼻の粘膜が乾燥してしまうことも夏風邪につながります。

 

夏風邪を予防するエアコンの設定方法

エアコンによる夏風邪を予防するには、設定温度の見直しが有効です。
温度設定は高めに、エコな設定とも言われている28度を目安に調整しましょう。暑ければ、扇風機やサーキュレーターを同時に使い体感温度を涼しくします。エコにもなりますし、身体にも優しい温度設定です。
直接風が身体に当たらないように風向きにも注意してください。特に足元の冷やし過ぎは良くありません。

また、エアコンで部屋が乾燥してしまうことも風邪の原因です。ある程度の湿度は身体にとっても必要です。最近は加湿機能がついたエアコンも発売されていますが、部屋の中に濡らしたタオルを干したり、1時間に一度は窓を開けたりして外の空気を入れながら湿度を調整すると良いでしょう。
夏風邪の原因はエアコン? エコ&風邪予防のコツとは

さらに注意したいのは、エアコンから出てくる空気です。エアコンを使用する頻度も多い夏は、エアコンから出てくる空気を身体に取り込んでしまうことも多くなります。夏はエアコンの中にカビも繁殖しやすいため、こまめな掃除も忘れずに行いましょう。エアコンの中の掃除はプロにお任せすると安心ですね。

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり