お役たち情報

お役立ち情報

冬場のエアコン暖房にかかる光熱費を節約するには?

冷やし過ぎが熱中症の原因に?! 秋のエアコン使用にご注意

夏場のエアコン冷房よりも、冬場のエアコン暖房の方が光熱費はかかりやすいということをご存知ですか?

節電のためにも、家計のためにも、できれば暖房費を安く済ませたいですよね。

そこで、冬場の暖房費を節約するためのポイントをいくつかご紹介します。

 

 

 

エアコン暖房の費用がかさむ理由は?

エアコンの暖房機能は、外気温と室温の差が開けば開くほど部屋を暖めるために、多くの電力を必要とします。
そのため、室温を上昇させるのに、時間がかかればかかるほど光熱費はかさみます。
このことから、エアコンの自動設定機能を利用して、一気に部屋の室温を上げた方が暖房費はかかりにくいといえるでしょう。
逆に「節電のため」と弱暖房を続けていると、かえって光熱費がかかってしまうため、注意しましょう。

 

扇風機を上手に活用する

扇風機を上手に活用する

エアコン暖房を入れると、「頭は温まってぼーっとするけれど、足元はひんやりしたまま」という状況に陥ることがあります。
それは、温かい空気が部屋の上部にたまりやすいため。
そんな状況を打開してくれるアイテムが扇風機なのです。
扇風機は、夏場のエアコン冷房効率をアップするために有効なアイテムだけでなく、冬場の暖房効率をアップさせるためにも一役買ってくれます。
部屋の天井の方にとどまっている温かい空気を、扇風機で動かしてあげることで温かい空気が床の方へ降りて来やすくなり体感温度が上昇します。
ポイントは、扇風機の頭をできるだけ天井の方向へ向けて回すことです。

カーテンやフィルムで外気を遮断

暖房を利用して温まった空気を逃さないためには、分厚いカーテンや遮熱機能のあるフィルムなどを使用すること。
それにより、温まった空気を窓から逃がしにくくしてくれます。
このようにカーテンとフィルムを併用すれば、より高い室温を維持することが可能です。

エアコンのフィルターをこまめに掃除する

エアコンのフィルターにほこりやゴミがたまっていると、エアコンの暖房効率が下がります。
さらに、ほこりに湿気が付着することでカビが繁殖する原因にもなり、呼吸器にダメージを与えやすくなるので、こまめな清掃を心がけましょう。
本格的に掃除をする前に、エアコンのカバーを開けて表面に付着したほこりを掃除機で吸い込んでおくと、部屋中にほこりやゴミが飛散することを防ぐことができますよ。
そして、取扱説明書の手順に従ってフィルターをはずし、掃除機でほこりを吸い込んだあと、水洗いをしてよく乾かします。
エアコンの内部にたまったほこりは、エアコンクリーニングなどに依頼すると良いでしょう。

エアコンをきれいにしておけば、光熱費の節約になるだけでなく気持ち良く室内で過ごせるようになります。
一度、季節の変わり目やエアコンの使用頻度が少ない時期を狙って清掃を依頼してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり