お役立ち情報

お役立ち情報

知ってるようで知らないエアコンの消費電力の意外な真実

エアコンクリーニングプロエアコン清掃カビ

1.上手なエアコンの使い方

エアコンの使い方は人によって十人十色です。年中使っている人も居れば使うときだけ使う人も居ますが、消費電力については高いというのが万人共通のイメージでしょう。確かに、使わない人から見たら高いかも知れませんが、実は消費電力は一言で言い表せないさまざまな要因が複雑に絡み合うことでより高くなっている可能性もあります。ここでは、知っているようでしらなかったエアコンの消費電力について言及していきます。

 

2.エアコンの消費電力の真実

エアコンの消費電力の違いは、大きく分けると環境・使用方法・製品の能力に大きく左右されます。環境の要因では、室外機が太陽光を直接浴びることで能力効率が下がります。室外機が機械である以上、必要以上の熱は空気の循環の妨げにしかなりません。この効率が悪ければ、悪いほど消費電力は比例して大きくなります。また、室内の温度と室外の温度差が激しすぎると消費電力は上がります。例えば、室内と室外で5度の温度差を作るよりも9度の温度差を作るほうが機械にも負担がかかると考えてみるとわかりやすいでしょう。暖房でも冷房でも内外の温度差が大きいほうが消費電力がかかることを忘れないで下さい。ちなみに、夏でもエアコンを28℃設定にしているのはこの温度差を考えた対処法です。

 

次に使用方法については、省エネ運転にするだけでだいぶ消費電力に差が出ます。省エネ運転とは設定温度に達したら運転を停止し待機、その設定温度から気温が変動した時にまた動き出すという機能です。常に稼働し続けるものと必要最小限にしか動かないものでは、消費するエネルギーに差が出るのは当然だと言えます。また、エアコンの温度設定が最も重要な要素になってきます。上記でも述べたように、内外の温度差があればある程、設定温度の限界の稼働をさせることで消費電力は跳ね上がります。逆に言えば、エアコンに少し抑えめな稼働をさせることで消費電力は下がるので電気代で頭が痛いという人は、使用方法を見直してみてください。そして、フィルターの掃除は、エアコンの効率を考えるならば必須です。エアコンの基本的な機能は、快適な温度を保つためでもありますが空気の循環も行っていることを念頭においてください。

 

最後に能力についてです。簡単に言うと、10年も前の製品と今の製品では能力効率から電気代まで違います。もし、あまりにも古い製品を使っている場合は買い替えるということも検討したほうがいいでしょう。また、製品の能力は限られています。6畳で力を発揮するエアコンでは、12畳の部屋の温度をコントロールするのは難しいです。

f58ba78c8a789c505aaf29242aac8511_s

3.使用方法と設定温度

エアコンの消費電力は、温度設定や使い方で大きく変わります。普段の電気料金に対して今までエアコン代が高すぎると感じていた人は使用方法と温度設定を見直してみてください。掃除をするだけでも劇的に変わる可能性もあります。

 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり