お役たち情報

お役立ち情報

健康に悪影響? 冬にエアコンを使い過ぎることの注意点

健康に悪影響? 冬にエアコンを使い過ぎることの注意点

エアコンは、室内を快適な温度に保つ役割を持っています。
夏はエアコンを使い過ぎることで、身体を冷やし過ぎるなどの悪影響があることは知られていますが、実は冬にエアコンを使い過ぎることでも、健康に悪影響を与えてしまうことがあるのです。
ここでは冬にエアコンを使い過ぎることの注意点についてご紹介します。

空気が乾燥することによるインフルエンザの感染に注意

冬は乾燥しやすい季節なので、エアコンを使い過ぎると室内のを更に乾燥させてしまうデメリットがあります。
特に冬はインフルエンザが発生する時期なので、より一層注意しなければなりません。
これらのウイルスは空気が乾燥していると繁殖しやすく、生存率が高くなります。
エアコンを使い過ぎることで室内の空気が乾燥すると、喉が外部の刺激を受けやすくなるので、風邪やインフルエンザなどのウイルスに感染する可能性が高まるのです。

対策としては、エアコンによる室内の乾燥や喉の乾燥を防ぐために、加湿器を利用して、部屋の湿度を一定に保つと良いでしょう。
風邪やインフルエンザのウイルスは、湿度に弱い特徴があるので、部屋の湿度を保つことで予防対策をとることができます。

極端な温度差による血圧の変化に注意

冬に室内の温度があまりにも低いと身体を冷やすこともあるので、エアコンによって快適な温度を保つ必要があります。
しかしエアコンを使い過ぎて、室内の温度が必要以上に高くなってしまう際には、注意しなければならない点もあります。

室内の温度が高くなれば身体を温めることができるので、悪影響はないように感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし実はエアコンをつけている部屋と、そうでない部屋の温度差が激しくなることで、健康に悪影響を与えてしまうことがあるのです。

たとえば、エアコンによって極端に温められた部屋から、気温の低い部屋に移動する時、血圧の急激な変化によって脳梗塞などが起こるケースもあるようなので注意が必要です。
体内には網の目のように血管が張り巡らされていますが、身体の動きや気温の変化によって、血圧に悪影響を及ぼすこともあるのです。

対策としては、部屋の温度を極端に高くせず、ある程度の気温を保つようにして、エアコンを使用していないほかの部屋との温度差が激しくならないように注意すると良いでしょう。
また、温かい部屋から移動をする際には、厚手の上着を着るようにするなど工夫をしておくことがおすすめです。

体調を崩さないためには温度差の調整が鍵

体調を崩さないためには温度差の調整が鍵

冬にエアコンを使い過ぎることで、身体に様々な悪影響を与えることがあります。
快適にエアコンを使用するためには、加湿器と併用したり、温度差が激しくならないようにするなど、様々な工夫をすることで安心してエアコンを使うことができます。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり