お役たち情報

お役立ち情報

新居に来て、今年で2回目の夏を迎えます。

 

エアコンの掃除を「秋にオススメする」の理由3つ

 

やはり夏は暑いもの。就寝前は30分限定でエアコンを入れるのですが、昨年はエアコンのポコポコ音に悩まされていました。

 

なぜポコポコ音が発生するのか

1室内の気密性が高い場合で、換気設備を使用したり、また屋外が強風であったりしたとき、ドレンホースから外気が進入する。
※(室内の気圧)<(室外の気圧)の状態になるため。
2ドレンホースから進入した空気が、エアコン室内機のドレンパンを通過する際、異常音(ポコポコ音、ボコボコ音)が発生する場合がある。
エアコンのポコポコ音の原因ですが、これは室内と室外の気圧差により屋外へ排出されるはずのエアコンの水が逆流するためです。水の逆流によって音が発生しているのです。
水が逆流しているということは、当然、外気も取り込んでいることになります。外の暖気や異臭も取り込んでしまう可能性があり、その場合はとても残念な気持ちになってしまいますね。
この気圧の違いは、2003年以降に義務づけられた24時間換気システムの影響で発生することがほとんどです。
この換気システムは、吸気口から外の空気を取り込み排気口から室内の空気を排出しています。つまり空気を循環させているのですね。
マンションの空気吸入口は、壁側面に設置された吸気口なのですが、窓やドアの隙間も吸気口となります。残念なことに、エアコンのドレン管も吸気口となってしまいます。
吸気と排気のバランスは、マンション設計時に厳密に計算されているはずですが、例えばお風呂やキッチンの換気機能を使用した時までは想定していない場合もあります。我が家はまさにそれに該当していました。
つまり、24時間換気以外の換気を使用すると、吸気口だけでは気圧差のバランスを取ることができず、エアコンのドレン管も吸気口となってしまうのですね。

 

178a370771a5ba43c64cea6675e20b80_s

対策には逆流防止弁(消音バルブ)を使用

原因は分かったものの根本的な対処方法が分からず、昨年までこのポコポコ音に悩まされていました。ですが先日、消音バルブを見つけ取り付けたところ、見事に解消されました。
気密性の高い住宅では空気の通り道が少ないため、エアコンのドレンホースが空気の通り道になることがあります。
強風や換気扇を使用した際にドレンホースから屋外の空気が入り込み、室内機で発生した水がスムーズに流れずポコポコと音が鳴ることがあります(除湿水を吹き上げる音)。
音が気になる場合は、ドレン用逆止弁を取り付けることで空気の逆流を防止しポコポコ音を抑制することができます。

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり