お役たち情報

お役立ち情報

実は答えは一つではない?エアコンの法定耐用年数

d7540395963288edc3a0c8576932c0b8_s

1.何にでもある寿命

エアコンに限らず、製品には予め寿命のようなものが決められています。例えば住宅などの建物の寿命はとても長く、神社や仏閣、駅などはリニューアルとして大幅な建て替え・改築を行ったりするとニュースで報道されたりもします。では、家電製品全般に言えることでもありますがエアコンの寿命と似たような定義の法定耐用年数について言及していきます。

2.法定耐用年数とは

法定耐用年数というワードを初めて聞いた方もいらっしゃるかもしれませんが、この定義はエアコンだけでなく製品として作られたすべてのものに設定されている製品の能力が落ちない使用期間というわけです。つまり、メーカーとしても製品サポートとしてこの期間以降も製品サポートは行っていくわけですが、法的耐用年数を超えたものについてはメーカーの気持ち次第でサポートを終了してもいいということになります。

 

さすがに、10年前と今のものでは能力も電力消費の仕方も違いますが、一度購入したものを長く使い続けるのは悪いことではありません。しかし、製品の能力自体も徐々に落ちていくというのは当たり前のことであり、その製品が最低でもその期間だけは購入時の能力を発揮し続けなければならないという規定は製品開発の目安としても必要です。その為に法定耐用年数が設けられています。ちなみに一般的な据え付けエアコンの法定耐用年数は6年程度なので、家電量販店などの5年間の保障などはとても核心をついた保障ということになります。

 

エアコンの法定耐用年数については幅があります。これは種類・使用用途によって異なるわけですが6~15年というのが一般的です。一般の家庭で購入するエアコンは6年が法定耐用年数だと思っていて間違いありません。もし、長く使えても10年が寿命だと言われています。法定耐用年数は規定、寿命は使用期間の限界というわけです。

 

しかし、法定耐用年数を超えていてもエアコンの使用はできますし、すぐに買い替えろという是正勧告のようなものもありません。要するに品質保証と同じようなものであり、そのぐらいの期間は能力を落とさず販売できるものでないとユーザーの要望に応えられないという言うことです。寿命については、エアコンの場合は残念ですが使用方法に限らず故障というリスクはいつでもあります。寿命については平均的な数値だと10年程ですが、エアコンに負担のかかる使い方をしていなくても買い替えるしかないという事態はあり得ることは忘れないでください。

 

2c6de5fa09111b49fac55e71ae27e90c_s

3.まずは確認を

法定耐用年数はエアコンの能力の品質保証のようなものであり、その数字を超えたからと言って即座に買い替える必要はありません。しかし、掃除をしたり整備したりなければ間違いなくその数値よりも短い期間で何かしらの問題が発生するので定期的な確認は怠らないでください。

 

 

 

 

 

 

 

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり