お役たち情報

お役立ち情報

エアコンの稼働効率を上げてエコで健康に

0051

1.エアコンの効率と環境の関係性

普段エアコンを使っていて、ある日ふと前よりも能力が落ちたのでは?と感じた事がある方は多いのではないでしょうか。しかし、そう感じることがあっても原因まで理解している方は少なく、根本的な解決をせずに放置している場合も少なくありません。

 

そして、そういった対処をされているエアコンは当たり前ですが全体的な効率が落ちています。エアコンの効率が下がるということは、エアコンの能力が下がっていることと同義です。その為、ここではエアコンの効率を最大に保つために必要な環境をメインとして様々な面から解説していきます。

2.エアコンの効率を最大に保つために

エアコンの効率は、どんな機能が付いていても定期的な手入れを行わない限り低下していきます。家電量販店などではよく、ある程度の価格帯になってくるとお掃除機能付きのエアコンを見かけることがありますが、お掃除機能はあくまで補助的なものであり万能ではありません。

また、夏と冬どちらに向いているのかなど製品としての特徴も異なってきます。そして、冬に関しては霜取りという機能がついている寒冷地向けのものを購入することをお勧めします。

3.エアコンの効率が下がる原因

エアコンの効率は、そのエアコンの能力にもよりますが外気温と設定温度に差があればあるほど下がります。消費電力に関しても外気温と差が大きいほど激しくなる為、エアコンの能力に合わせて室内の気温を調整するとエアコンを効率よく使うことができます。

また、エアコンの効率が下がる要因として、霜取りが頻繁に行われている・フィルターが目詰まりしているなどもエアコンの効率が下がる原因となっています。

 

杉並区エアコンクリーニング・クーラー清掃の口コミや評判

4.エアコンの効率が下がる環境は人体にマイナスになることがある

エアコンの効率が下がる要因の中でも、特にお掃除機能に任せきりでフィルターおよび内部の掃除を行なっていない場合は人体に対しても悪影響を与える場合があります。エアコンの内部は常にカビとの戦いです。

 

外気温と生み出す風の温度にはどうしても差がある為、常にカビが発生しやすいこともあり、仮にカビが発生したままエアコンを使い続けると過敏性肺炎を発症します。この肺炎は今すぐ死亡するようなものではありませんが、アレルギー反応を引き起し同じ菌が繁殖しているエアコンの風に当たるたびにせき込んだりするようになります。

 

完治しない限りこのアレルギー反応は永遠に続き、もし家族内でこの症状の診断が出た場合は、エアコンを使用する家族全員に悪影響を与えているということになります。また、この肺炎は死亡する場合もある病気ですので特定の場所で必ず咳が出るなどの場合は医師の診察を受けてください。

0120-21-4048
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

0120-770-971
無料お見積りはこちら
  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり