お役立ち情報

お役立ち情報

エアコンが年間電気代に与える影響はどのくらいなのか?

009

1.エアコンの電気消費量

エアコンの消費電力は他の家電製品に比べとても多く、その消費電力の多さから電気代も比例して高いというイメージは多くの方が持っていると思います。実際、エアコンの使い方が、極端な場合は、そのイメージ通りと言っても過言ではありません。

 

しかし、エアコンの仕様や環境、エアコンの使い方によって消費電力にはかなりの違いが現れます。そして、それは結果として、エアコンの年間の電気代が高いのか低いのかにつながってきます、その為、ここではその仕組みを詳しく知るために、エアコンと年間電気代の関係性について言及していきます。

 

2.エアコンが設置されている環境と消費電力の関係

エアコンの消費電力は、外気温と室内の気温に差があればある程、多くなります。エアコンの温度の調整は、外気を室内に取り込んでいるわけではありません。しかし、外気温の影響を室外機は直に受けるため、どうしても外部と内部の温度差による電力の増加は抑えることができません。

 

また、消費電力を抑えるために、霜取りやお掃除機能を使用するタイミングで電源を抜いてしまう方もいますが、これはどちらかというとやってはいけないことです。

 

霜取りはいくら時間がかかるとしても、室外機の霜を取ることで通常運転ができるようになりますし、霜取りをせずに稼働し続ける場合は室外機の故障の可能性が格段に上がります。また、通常運転を行うための準備なので、その準備をせずに稼働させる場合、余計な電力を消費することになります。そして、お掃除機能は使い終わる度に行う必要はありませんが、毎回中断させていては余計に電力を消費する上にフィルター及び内部の汚れを浄化することができません。

 

フィルターとエアコン内部に汚れが蓄積していくことは、「百害あって一理なし」という言葉に当てはまります。フィルターは目詰まりすれば、エアコンの風に影響を与え、稼働するための消費電力を多く消費しますし、エアコン内部の汚れも積み重なれば消費電力が上がるうえに、エアコンの能力も低下し、最悪は火災が起きる可能性もゼロではありません。

 

3a411c830634eb36f14ea66e71130cd1_s

3.電気消費量を抑えるためには

エアコンの消費電力は、温度設定に極端な差がなければ抑えることができ、また、設定温度よりも下に行かないように調整するエコ運転を行えば1日フル稼働でも消費電力を抑えることができます。

 

その為、年間を通して1日フル稼働、常に外気温と20℃以上の差があるなど極端なエアコンの使い方をしない限り、エアコンが年間の電気代に与える影響はそこまで大きくありません。もし、エアコンによる電気消費量が気になる方は、設定温度・エアコンの汚れチェック・どんな運転モードになっているのか確認しましょう。もしかしたら、すぐにでも改善できる可能性があります。

 

0120-770-971
メールでお問合せ

エアコンクリーニングについて、ご不明な点がある場合には、ご遠慮なくお問い 合わせ下さい。フリーダイヤル、メール、FAXにてお客様からのご連絡をお待ち しているほか、各メニュー別のお問い合わせフォームもご用意しております。エアコンクリーニングに関することならどんなご相談でもお気軽にご連絡下さい。

  • 作業工程
  • 現場風景を公開

エアコンクリーニングプロについて

タップですぐに電話できます 0120-770-971

受付時間:9:00~22:00

LINE
お見積もり